サッカー元日本代表 北澤 豪(きたざわ つよし)さん

サッカー元日本代表 北澤 豪(きたざわ つよし)さん 本番で体のコンディションを崩したら受験生もストライカーも点が取れない。毎日3食きちんと食べて規則正しい生活を。そして、物事はポジティブにとらえること。

日本にまだJリーグがなかったころから、サッカー日本代表の1人として活躍し、ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)の黄金期に貢献した北澤豪さん。闘志あふれるプレースタイルでフィールドを沸かせていました。現在はサッカー解説者としても活動している北澤さんが、「プロサッカー選手になる」という夢をかなえるために心がけてきたことや、高校時代に大学進学と実業団とで揺れた思いなどをお伺いしました。

目標を常に意識していれば 道に迷っても必ずたどりつける

現役時代は、持ち前の豊富な運動量と得点力で活躍。サッカー日本代表としても選出され、数々の勝利に貢献しました。そんな北澤さんは、小学校時代は町田市のサッカーチーム、中学校で読売ジュニアユース、高校はサッカー部と、少年時代から順調にサッカーのキャリアを積まれています。

北澤 豪さん(以下 北澤)

実は全然順調ではなかったんですよね。チームによって、選手たちの雰囲気や、好むもの、めざす世界が全然違っていました。一貫した環境にはいなかったから、自分の目標を軸にサッカーをするしかなかったんですよ。
ジュニアユースのときは、トップチームも近くのグラウンドで練習していたこともあって、「自分はトップチームの選手になるんだ!」という明確なビジョンを持ってサッカーをできていたんです。ところが、高校に入ったらユースとの掛け持ちは許されなくて、高校サッカーに専念するしかなかった。サッカー部の中には「高校3年間がんばればいい」っていう人もいて、当然、サッカーに対する取り組み方も違ってきました。

自分のやりたいことと、チームのやろうとしていることにズレが出てくるわけですね。

北澤

そう。一番の影響は、まわりに流されやすくなることですよね。例えば、自分と違う意見でも、過半数の人が賛成していたら、心が揺らいでしまう。だから、余計に自分はどうしたいのかっていうのを持っていることが大事になったんです。

メンタル的にはだいぶ厳しい環境だったんですね。

北澤

当時はやっぱり嫌でしたよ。チームは高校サッカーとして成績を残すことが目標になっているから、アプローチの方法も違う。そんな中でチームも自分も思うように結果が出ず、ずっと模索し続けていた。ただ、その一方で、たぶん今が成長できるポイントだっていうことにも、うすうす気づいてはいましたね。

それが確信に変わったのはいつですか?

北澤

高校2年の夏、前評判はよかったのに全国大会へ進めなかったんです。そこで、“今までやってきたことは本当にあっていたのか?”と自分を疑いたくなったことがありました。ただ、“まだ冬の大会がある。だから、今ここで新しい手がかりや方針をつくり出せないと、全国大会にいけないぞ”と思い直して、みんなでどうすべきなのか話し合いました。監督はこういってるし、チームはこうしたいと思ってるし、じゃあ、どうしたら勝てるのかって、みんなでディベートしたのは楽しかったよね。

“こうしたい!”と目標を立てるとき、北澤さんはどんなことに気をつけていますか?

北澤

やっぱり、自分の理想みたいなものから出てきた目標であることが一番大切ですよね。そうすれば、そこへ近づくための方法を本気で考えるし、努力もできます。僕は、目標をあえて人前で言っちゃうことで自分を奮い立たせることもあるし、それとは逆に、状況を冷静に分析し、目標にたどり着くために必要なことを逆算して、積み重ねていくというアプローチをとることもありますね。いずれにしても、目標を見失って、迷子にならないほうがいいよね。

そうならないためには気をつけることは?

北澤

常に目標を意識すること。最終的な目標がはっきりしていれば、道を外れて迷子になっても、元の道に戻る以外に、別の道で進むこともできるから。
人生っていろいろな道があるから、目標さえしっかり意識できていれば、案外別の道でたどり着けるものです。例えば、ワールドカップの日本チームにしても、出場前にいろいろあって、監督も替わったりしたけど、彼らはグループリーグを突破するために何が必要なのか考え、そのための努力をしたと思いますね。

ポジティブにとらえ続けることが実は、「強さ」そのもの

結果的に冬の全国大会に進出しました。

北澤

小学校の頃から、こういう「めんどくさい状況」を乗り越えると、うまくなっていたり、自分の意識が変わったりという経験はあったんです。だから、むしろこういう状況を楽しみつつ、解決していくのは間違ってないと思っていました。
ポジティブな考え方をしていると、脳が活性化されて疲れを感じなかったり、物事を「嫌だな」というマイナスな見方から入っていかなくなったりするんですよね。反対に、ネガティブな考え方が癖になってしまうと、同じものを見ても、引いたり、前に向かおうという気持ちにならなくなります。

自分の気持ちひとつで、とらえ方が変わるということですね。

北澤

日本のワールドカップ初戦の対コロンビア戦で、日本が前へ縦パスを出したのを見て、“おお、こいつらコロンビアに負けてない。気持ちが前に向かってるじゃん”って思いました。パスを出した人にとっては、ほんの一瞬の判断だと思うけど、気持ちがポジティブになってないと、そういう判断ができませんからね。
もちろん、ポジティブにとらえていたって、うまくいかないときもあります。それでも、僕はポジティブにとらえ続けていく。変態チックにね(笑)。強さってそういうことだと思うんですよ。

北澤さんでも、気持ちがネガティブになってしまうことはあるのでしょうか?

北澤

ありますよ(笑)。常に「ポジティブな自分」というイメージを人に見せるようにしているだけです。
ドーハの悲劇(編集部注:1994年、カタールで行われたFIFAワールドカップ地区予選で、後半ロスタイムにイラク代表の同点ゴールが決まり、日本がワールドカップ初出場を逃した試合)あたりから、日本代表が負け始めて、チームの雰囲気がどうにもならなくなったことがありました。ホテルの部屋から誰も出てこなくなっちゃうくらい。そしたら、セルジオ越後さんがハンディタイプのカラオケを持ってきて、僕に渡すわけ。しょうがないから、それを持ってセルジオ越後さんと2人で歌いながら各部屋回って、みんなを元気づけたんですよね。

“北澤ならやってくれる”と思ったんですかね?(笑)

北澤

わかりません(笑)。でも、暗いチームのままじゃその状況を絶対に打開できませんからね。やっぱり、明るい空気感はチームの流れを良い方向に変えていくんです。負けているチームでも明るいチームは連敗しないから。
これって、受験とか模試とかでも一緒だと思います。物事のとらえ方だから。一瞬の判断ではあるけど、問題用紙をぱっと見たときにどう感じるかとか、結果が返ってきて点数を見たときにどうとらえるかで、その後が全然違うはずですからね。

サッカー元日本代表 北澤 豪(きたざわ つよし)さん