落語家 林家 たい平さん

日本テレビ『笑点』の大喜利メンバーとしておなじみの林家たい平師匠は、美術大学出身という異色の経歴の持ち主。落語家として高座に上がるとともに、テレビやラジオでのご活躍はもちろん、新聞や雑誌に美術評を書き、母校の美大で教鞭を執るというたい平師匠に、学生時代の思い出や普段の活動、たい平教授の授業などについて、お話を伺いました。

金八先生に憧れていた高校時代
教師をめざして美大に進学

最近は若い女性に落語が人気です。

林家 たい平師匠(以下 たい平)

今はイケメン落語家がブームといわれていますよね。でも、落語に出会うきっかけは何でもいいと思います。落語を聞いて、「わ!落語って、こんなにおもしろいんだ!」と感じて、人生の引き出しの一つに加えてくれればいいと思うんです。

「人生の引き出し」というのは?

たい平

 今日はこんなつらいことがあったとか、悲しい思いをしたとかいうときに、気分転換でコンサートに行ったり、映画を観ようとか考えますよね。その選択肢に落語を一つ加わえてもらえたら、人生がさらに豊かになる。いろんな引き出しがあると人生が変わってくるんですよ。落語を聞くと、「自分の失敗なんかたいしたことないな」とか、「落語家さんって、お金ないのに幸せそうだな」(笑)とか、いろんな気づきがあって、「くよくよしててもしょうがないや、明日も頑張ろう」という気持ちにさせてくれると思います。僕自身がそうでしたから。

受験生の気分転換にもいいのかもしれませんね。
ところで、落語家としては普段どのような仕事をしているのですか?

たい平

年に何回か寄席でトリ(注: 寄席の最後を務める人。主任とも呼ばれる)をとらせてもらうほか、地方に行って独演会をしたり、他の落語家さんと一緒に二人会というのもやっています。

高校生の前で落語を披露することもあるそうですね。

たい平

そうですね。……高校生に限らないけど、最近の若者はすごく真面目で一生懸命ただ、ちょっと真面目すぎるんじゃないかって感じがしますね。あるとき、高校の落語会で、一人の高校生が僕の控室に来て、「僕はやりたいことが見つかり、将来の進路も決まっています。でも、心が落ち着くはずなのに、進路が決まってからすごく不安なんです」という話をしてくれたんです。それを聞いて、あそこに着陸するというポイントが見えているからこそ、その場所からなかなか離れられずに、不安定な状態でホバリングしている感じなんじゃないかって思ったんです。

ホバリングって、ヘリコプターが空中に浮かんだまま静止している状態ですね。

たい平

そうです。そこで、「じゃあ、一度そこから思いきり離れて、着陸地点が見えないずっと先まで、ぶぁーっと飛んで行ってみたらどうかな。それまでとはまったく違う世界が見えるかもしれないよ」という話をしたら、「ああ、そうか。頑張りまーす」なんて言ってた(笑)。高校の時にぶぁーっと飛んで行くのは難しいかもしれないけど、それができるのが大学時代だと思うんですよね。

たい平師匠は高校時代、どんな生徒だったのですか?

たい平

おもしろいことにリーダーシップを発揮するタイプでしたね。楽しいことを率先して企画して、仲間を巻き込んでやっちゃおうっていう。とはいっても、その頃は落語家になりたいなんて全然考えてなくて、テレビの『3年B組金八先生』に憧れていたので、むしろ先生になりたかったんです。ただ、教員は志望していたけど、高校生活がおもしろすぎて勉強がおろそかになっちゃったんですよね(笑)。見かねた担任の美術の先生に、「俺と同じ美術の教師という道もあるぞ」と勧めてくれたのが美術大学。先生は僕が絵を描けることは知っていたけど、実際にそれほど上手だったわけじゃないし、そもそも僕は美大というものがあることも知らなかった。高2の時、先生に言われるがまま、放課後は美術室でデッサンの練習に励み、毎週日曜と長期休暇の時は東京の美術予備校に通い、通信教育も受けて……と、がむしゃらに走り続けて、武蔵野美術大学に入学したんです。