プロサッカー選手 中村 憲剛(けんご)さん

川崎フロンターレの中心選手としてチームを引っ張る中村憲剛選手。
学生時代、無名だった中村選手がプロサッカー選手として開花し、現在に至るまでの活躍を支えた独自の思考法を語っていただきました。

カテゴリーが上がるたびに
常に底辺からのスタートだった

サッカーとの出会いはいつ頃ですか?

中村 憲剛さん(以下 中村)

サッカーを始めたのは、小学1年生でした。ボールを蹴るのが好きだったので、母親の薦めで府ロクサッカークラブ(※1)に入りました。小学6年生のときがちょうどJリーグ開幕直前で、それで将来プロになれればいいなと漠然と思っていましたね。

高校は、都内では強豪だった都立久留米高校に入りました。全国的には決して知られた存在ではなく、僕自身も全国を狙えるような選手じゃなかった。でも、高校最後の大会となった3年生の都大会で準決勝まで駒を進めました。相手は帝京高校。それが高校最後の大会で、あこがれの西が丘(国立西が丘サッカー場)の芝生の上でプレーできるというのは昂ぶるものがありました。試合には勝てなかったけど、自分の中ではすごく手応えがあって、18年の人生の中で一番頑張れた。それで、大学でもサッカーを続けたいなと思いましたね。高校ではサッカーだけじゃなく、勉強もしっかりやりたいと思っていましたから、それはやっぱりちゃんとやっておいて良かったと思っています。

※1 東京都府中市にあるサッカー少年団

大学に進んでギャップは感じましたか?

中村

最初は苦労しました。中学から高校に進学するときもギャップはあったけど、高校から大学に入るとなると東京都内だけでなく全国からサッカーをやっていた人たちが集まるわけで、さらにレベルの違いを感じました。それに、1年生と4年生の差もすごくあって、体格もまったく違いますし、最初はかなりショックを受けました。体格負けしないためにどうするか、自分がフリーのときにどうプレーするか、毎日すごく考えましたね。

まず、自分ができないことを認めること、そこからスタートしました。できない自分を認めることで、じゃあどうやるのかということを考える。そのとき「ああダメだ、自分はこんなんじゃなかった」と思っちゃったら前には進めない。常に底辺からのスタートだったので、変なプライドは持っていなかったですし、中学から高校、高校から大学、大学からプロと、毎回カテゴリーが上がるたびにそうした姿勢で取り組んできました。

ですから、大学では「4年間もある」と考えて、焦らずにサッカーだけでなく勉強もやりました。寮生活だったので、その中で社会性も身につけられましたし、今振り返ると本当に充実した4年間だったと思います。

大学時代には、2部落ちと1部への復活ということも経験されましたね。

中村

3年のシーズンでつらい思いをしました。中央大学サッカー部の歴史の中で、2部に落ちたのは後にも先にも、そのときだけだったんです。3年のときには10番をつけていて、落ちたときにはすごく責任を感じました。降格が見えてくると、どんどんプレッシャーも感じるようになって、結局落ちてしまって。もう一年、自分にはチャンスがあったけど、無念の思いで卒業した先輩もいたので、同期の仲間と「絶対に1年で1部に戻さなければ」と話しました。だから翌年、1部昇格を決めて卒業するという、自分の思い描く結果を迎えられたときは泣きましたね。もちろん、そのシーズンも決して楽な戦いではなかったけど、苦しんだ分、やりきった感がありました。

その1年がプロへの道を切り開いたんですね。

中村

僕は大学に入ったときには、とてもJリーグでプレーできるような選手じゃなかったんです。ただ、大学では時々、Jリーグのチームと練習試合をすることがあったので、その中で年々自信もついて、4年のときにはJリーグ入りを真剣に考えるようになりました。それで中央大学のコーチを通して川崎フロンターレの練習に参加させてもらったんです。2日間だけのチャンスですから、「人生かかっているな」と思って必死でした。

練習に参加した後、チームの雰囲気がすごくいいなと思って「フロンターレに行きたいです」とずっと言い続けていました。だからフロンターレに内定が決まったと言われたとき、どんな顔をしていたのかよくわからないですけど、とにかく嬉しかった。当時J2とはいえ、プロ選手は夢でしたから。

プロサッカー選手 中村 憲剛(なかむら けんご)さん