ミュージシャン、音楽プロデューサー 寺岡 呼人さん

ロックバンドJUN SKY WALKER(S) のベーシストとして一世を風靡し、その後もミュージシャン、プロデューサーとして幅広い音楽活動を続ける寺岡呼人さん。関東学院大学で客員准教授も務める異才のターニングポイントとなった大学進学のエピソードに迫ってみた。

「大学に行ってからゆっくり考えろ」高校時代の先生にそう言われた

寺岡さんはいつ頃からミュージシャンをめざしていたんですか?

寺岡さん(以下 敬称略)

音楽を始めたのは、中学1、2年の頃でした。最初はフォークギター。友達とバンドを組んで、文化祭で井上陽水さんや吉田拓郎さんの曲を演奏していました。その頃は将来、本気で音楽を仕事にするなんて考えてもいませんでしたね。転機になったのは、中学3年次のRCサクセションとの出合い。夏休みにライブに行って(忌野)清志郎さんを観たときの衝撃は忘れられませんね。とにかくかっこよくて、取りつかれたようにエレキギターを買いに行きました。
高校でもギターを続けていました。ただ、部活でサッカーもやっていたし、それほど熱心ではなかったですね。クラスメイトと文化祭でライブをやるくらい。

この時点でも音楽を将来の仕事にする意識はそれほどなかった?


寺岡

高校3年になって、人並みに将来のことを考えるわけですが、大学で何を学ぶというより、とにかく東京へ行きたかった。それが目標になってましたね。成績はクラスで下から数えるくらいだったし、受験なんてしなくてもいいかなと思ったことも正直ありました。
そんなとき、高校時代にかわいがってもらっていた先生に呼び出されたんです。確か、3年次の文化祭の前日だったと思うんですが、突然ドライブに連れていかれて……。で、いきなり「お前、本気で音楽やりたいのか?それなら大学なんて行かなくていいぞ」って。進路に対する自分の考えの甘さを突きつけられたんです。「本気で音楽やる覚悟はあるのか?」と。自信があるとは言えませんでした。実際、「東京に行って面白いことがしたい」っていうだけでしたから。そうしたら先生は怒りもせずにこう言ったんです。「大学行ってる間にゆっくり考えろ。その時間は貴重だぞ」。

先生のアドバイスで東京の大学進学を決意したわけですね。

寺岡

志望校は先生に言われるままに決めました。お前の学力なら東京のココとココみたいな。候補の中に内申点が問われない推薦入試枠がある大学があったんですよね。「これいいな」と試験と面接を受けたら、なんと合格。そうして、3年の12月には進学が決まっていました。

ミュージシャン、音楽プロデューサー 寺岡 呼人さん