資格を取ろう!

資格を取ろう!

ワンランクアップの就職をめざして、資格取得に意欲的に取り組んでいる学生が増えています。ここでは、注目の資格を系統ごとにピックアップし、それぞれの内容・取得方法を簡潔に紹介しています。大学・学部選択や資格取得について考える際のに参考にしてください。

総合・環境・情報・人間学系の学部で取得可能な資格

ここで紹介する資格の取得にあたり、どの学系に進むのが取得に有利かという点で分類しています。あくまでも目安であり、その学系に進まなかったら資格が取得できないというものではありません。

気象予報士【国家資格】

気象庁から提供される数値予報結果や、ひまわり・気象レーダーなどからの様々な観測データを基に天気を予報する気象のエキスパート。今や気象情報は日々の健康管理・災害対策はもちろん、農漁業をはじめとして、交通、流通、観光、レジャー産業などの企業戦略にも利用されるなど、その影響力は計り知れない。受験制限は特にないので若年者の合格者が出ることもあるが、その合格率は5%前後で難関国家資格のひとつ。試験では大学の一般教養レベルの数学や物理学の知識が問われるため、理系教科が得意な学生はその力が生かせる。特に地球科学系の学部であれば、気象についても学べる。気象予報士の資格を生かした職場には、民間の気象予報会社やテレビ局・ラジオ局、気象庁などがある。ただし、資格試験もさることながらその資格を生かした職種の採用試験も難関のため注意が必要だ。

土壌汚染調査技術管理者【国家資格】

土壌汚染対策法に基づき、重金属や有機化合物などによる土壌汚染状況調査に関する手続きや調査方法の設計などを行う。土壌汚染状況調査を行う指定機関には設置が義務づけられている。2010年から始まった資格で受験資格に制限はないが、資格を得るには3年以上の実務経験などが必要となる。

弁理士【国家資格】

特許・実用新案・意匠・商標などの出願に関する特許庁への手続き、すでに知的財産が登録されていないかどうかの調査、知的財産権に関する仲裁事件の手続きなどの業務を行う。特許事務所での勤務・開業のほか、企業内弁理士として企業の知的財産部門で活躍することもできる。受験資格に制限はない。

基本情報技術者試験【国家資格】

システムエンジニアやプログラマなどIT技術者をめざす人のための基本的な資格。受験者数は年間約10万人ほどとなっている。高度IT化の進む現代では、一般企業で働くIT利用者にも専門的な知識が求められるようになってきている。試験ではハードウェア、ソフトウェア、データベース、ネットワーク、情報セキュリティなどに関する基本的な知識が問われる。試験は年2回行われ、受験制限は特にない。上位資格として応用情報技術者試験があり、さらに高度専門的な試験もある。

ITパスポート試験【国家資格】

社会の隅々まで浸透しているIT(情報技術)について、理系はもちろん文系出身者も持つべき基礎知識が問われる。数多くの企業でその取得が奨励され、大学・官公庁でもこの資格に準拠した講義・研修などが行われている。情報処理技術者試験のなかでも入門的な位置づけで、受験資格に制限はない。

情報処理安全確保支援士【国家資格】

企業などでの重要性が高まるサイバーセキュリティに関する知識・技能を有する人材育成を目的として、2017年度に新設された。受験資格に制限はないが、情報処理推進機構が認定した学科等で情報セキュリティを専門的に学び修了した者は認定を受けてから2年以内であれば一部の試験が免除される。

総合無線通信士【国家資格】

海上・航空・陸上の無線通信設備を広範囲に取り扱うことのできる資格で、第1級~第3級の区分がある。通信機器メーカーのほか、無線通信設備を備えた企業・官公庁などで活用できる。受験資格に制限はないが、総務大臣の認定を受けた学校を卒業後3年以内であれば免除可能な試験科目もある。

インテリアコーディネーター

インテリア関連のメーカーやショールーム、住宅メーカーなどで、居住者の家族構成、ライフスタイルやニーズに合わせて、家具やカーテン、照明などのインテリアをトータルにプロデュースする。受験資格に制限はなく、一次試験(学科)と二次試験(論文・プレゼンテーション試験)の合格が必要となる。

技術士【国家資格】

科学技術に関する高度な応用力を備えていると認定された者で、主にコンサルティング・エンジニア、建設業や製造業の上級技術職などとして活躍する。大学や高等専門学校などのJABEE認定課程を修了した者は、第一次試験が免除される。第二次試験では業務経験などが受験資格として必要となる。

総合・環境・情報・人間学系の学問について知ろう

総合・環境・情報・人間学系に関係する学問分野について研究しましょう。学べる内容や気になる授業、将来のフィールド等、様々な角度から各学問分野の情報をまとめました。最近話題になっている事柄などを取り上げているので、そこから学問分野への興味を広げましょう。

ページトップに戻る