資格を取ろう!

資格を取ろう!

ワンランクアップの就職をめざして、資格取得に意欲的に取り組んでいる学生が増えています。ここでは、注目の資格を系統ごとにピックアップし、それぞれの内容・取得方法を簡潔に紹介しています。大学・学部選択や資格取得について考える際のに参考にしてください。

社会・国際学系の学部で取得可能な資格

ここで紹介する資格の取得にあたり、どの学系に進むのが取得に有利かという点で分類しています。あくまでも目安であり、その学系に進まなかったら資格が取得できないというものではありません。

精神保健福祉士【国家資格】

精神に障がいのある人に対する福祉増進をめざす専門職。精神科の医療機関、保健所、福祉施設などに所属し、主に社会復帰のための相談や訓練などの援助・サポートを行う。高ストレス社会の現代においてその役割は大きい。福祉系大学等で指定科目を修得して卒業することなどで受験資格を得られる。

認定心理士

心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的基礎学力と技能を有していると認定された者。就職に直結するものではなく、心理系資格のファーストステップとしての位置づけ。大学などで所定の科目を修得して修了・卒業し、日本心理学会の資格審査を受けた後、資格認定を受けることができる。

公認心理師【国家資格】

保健医療・福祉・教育などの分野において、対象者の心理状態を観察・分析し、心の問題を持つ人に対して相談・助言・指導を行うとともに、心の健康に関する教育なども行う。大学と大学院で心理学その他の必要科目を修めて卒業・修了することなどで国家試験受験資格が得られる。

社会福祉士【国家資格】

高齢者や心身に障がいがある人などが快適に暮らせるように、医師や保健医療サービス提供者などと連携しながら相談者の生活環境に応じた適切なサポートをする。病院、福祉施設をはじめとして多彩な職場で生かすことができる。福祉系の4年制大学で指定科目を修めて卒業することなどで受験資格が得られる。

介護福祉士【国家資格】

特別養護老人ホームなど各種社会福祉施設や在宅において、高齢者や障がいのある人の日常生活を支援したり、本人や介護する家族などに介護方法を指導したりする。2017~2021年度の養成校卒業者は5年の期限つきで取得可(実務5年または国家試験合格で条件解除)。2022年度以降は国家試験が必須。

社会保険労務士【国家資格】

雇用保険、健康保険、年金などの各種社会保障に関する相談・書類作成・手続き代行などを行う。2016年からのマイナンバー制度開始に伴い、マイナンバー管理など業務の幅が広がり、個人情報の取り扱いにさらなる配慮が求められるようになった。社会保険労務士事務所での勤務・開業のほか、一般企業の総務部・人事部などで資格を生かしながら働くこともできる。大学などの卒業者、社会保険に関する実務経験のある者、厚生労働大臣が認めた国家試験合格者などに受験資格が与えられる。

旅行業務取扱管理者(国内・総合)【国家資格】

旅行計画の作成、企画旅行の管理などを行う。国内旅行業務のみを取り扱う国内旅行業務取扱管理者と、海外・国内の旅行業務を取り扱う総合旅行業務取扱管理者の2種類がある。いずれも試験の受験制限はないが、国内旅行業務取扱管理者有資格者は総合旅行業務取扱管理者試験の科目が一部免除される。

通訳案内士【国家資格】

外国人観光客などにつき添い、外国語を用いて日本国内の旅行に関する案内業務を行う。多くの場合は、個人事業主として旅行会社やホテルなどから仕事を請け負う。外国語能力に加えて、日本の地理、文化、歴史、産業、政治経済などに関する幅広い知識と教養が求められる。国家試験の受験制限は特にない。

社会・国際学系の学問について知ろう

社会・国際学系に関係する学問分野について研究しましょう。学べる内容や気になる授業、将来のフィールド等、様々な角度から各学問分野の情報をまとめました。最近話題になっている事柄などを取り上げているので、そこから学問分野への興味を広げましょう。

ページトップに戻る