河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

国語は、現代文のみの大問3題で、評論文2題・小説1題という構成。(2017年度入試で出題された「随想」の問題文は、2018年度においては姿を消した)。分量は、評論文が1,000~1,500字程度、小説は2,500字程度であった。参考までに出題文の著者とタイトルを挙げておくと、評論文は斎藤希史「diversity>多様性 違いそのものに価値を見出す」、丸山圭三郎「コトバと文化」、小説は森鷗外「妄想」である。

解答の形式は全問マークセンス式。設問の数は評論文が各8問ずつ、小説が20問。設問の内容は、評論文パートが、漢字(書き取り)、慣用表現や四字熟語の意味、空欄の補充(キーワード・慣用句)、波線部内容に関する説明、本文の主旨と構成に関する説明などであり、小説パートが、語句や慣用句の意味、空欄の補充(キーワード・四字熟語)、文学史、文法、波線部内容に関する説明、文学的表現の特徴などであった。問題文・設問とも難易度は標準的であるが、設問の多様さ、数の多さには注意しなければならない。制限時間内に解答するためには手早く的確な情報処理の訓練が必要となる。

2019年度入試対策・学習アドバイス

言葉の知識を身につける

大問2題を通じて、漢字、語句の意味、慣用句の意味など言葉の基礎的知識を問う問題が数多く出題されており、これらの対策は欠かせない。加えていえば、言葉の知識を身につけることは、本文内容や選択肢内容の理解にも大きな影響を与えることになる。あるひとつの語句内容を知っているということが、問題文の理解をスムーズにし、選択肢の吟味を容易にするケースも少なからずある。知識の不足を感じている受験生は、大学入試のための漢字問題集や現代文用語集を繰り返しチェックすることを心がけて、言葉の知識を着実に自分のものにしていこう。

評論文や小説の読解

評論文の読解においては、本文中の言い換え関係・対比関係・因果関係を意識し、議論の展開をしっかりと押さえながら文章を読み進めなければならない。筆者の意見は何であり、それはどのように示されていくのか? 空欄前後の語句や文、あるいは傍線部に関連する語句や文に、どのような関係性があるのか? 具体例について抽象的にまとめられた部分はどこなのか? このような問題意識を持って文章の中心内容を読解し、設問に取り組むことが肝心である。過去問や、空欄補充問題がある私立大学型の問題集を利用しながら、論理的読解の練習を積み重ねよう。ただ直感的に解答を選び、最後は正誤を確認するだけの学習では真の読解力は育たない。本文中の根拠を意識しながら解答を作成し、後に解説と照らし合わせることで自分の考え方を検討する。このような地道なアプローチの繰り返しが論理的読解力を磨いていくことを忘れないように。

また、小説においても、読解の基本は評論文と変わらない。小説問題にしばしば現れる筆者特有の言い回しや文学的表現ばかりに注目するのではなく、物語の主題となる内容をしっかりと捉える読解の基本姿勢を貫くことこそが、正解を導くことになる。まずは物語の骨格を成すような事実関係・人物関係をしっかりと押さえ、そのうえでさらに独特な文学的表現の意味合いを捉え返す、という基本的な作業を忘れないでほしい。