2013~2017年度に開設した新しい学部について紹介しています。学べる内容、卒業後の進路、注目ポイント等を掲載しています。

注目の2013~2017年度開設学部学科情報

理工系学部を3学部7学科に新編成し、社会のニーズに応える教育を展開

理工学部
生命科学部
建築都市工学部

<入試問い合わせ先>
〒813-8503 福岡市東区松香台2-3-1 入試課
TEL
092-673-5550
E-mail
nyushi@ml.kyusan-u.ac.jp
URL
http://www.kyusan-u.ac.jp/nyushi

増設学部・学科・定員

定員 理工学部370名、生命科学部110名、建築都市工学部200名

学部増設の狙いは?

社会問題を考え、解決する力を育む多彩な学びが可能な新編成へ
エネルギー問題、自然災害、食糧危機、超高齢化社会など、多様な問題に直面しても、自ら課題を見つけ、主体的に考え、解決する力を持った人材が産業界・科学技術の世界で求められている。同大学は、今まで以上に社会のニーズに対応した教育、特色が分かりやすい学部・学科の構成にするため、既存の情報科学部、工学部を再編。新しくチャレンジする領域も新設し、理工学部、生命科学部、建築都市工学部の3学部に生まれ変わる。

何が学べるの?

多様化する社会のニーズにきめ細かに対応する3学部7学科

  • 理工学部
    「情報科学科」「機械工学科」「電気工学科」の3学科を設置。低学年次に情報・機械・電気に関する基礎教育を学ぶ。3年次以降は、各学科の教員と学生が合同で行う、学科横断の実践的なプロジェクト型教育を展開。実践力および急激な技術革新に対応できる幅広い技術力を身につける。
  • 生命科学部
    「応用化学」「生命科学」「食品科学」の3コースを設置。専攻するコースに関わらず、低学年次に学部教育の基盤となる化学と生物学を幅広く学習。3年次以降は各専攻に応じて、新素材開発、化粧品開発、医薬品開発、食品開発などのプロジェクト型教育により実践力を身につける。
  • 建築都市工学部
    「建築学科」「住居・インテリア学科」「都市デザイン工学科」の3学科を設置。「空き家の再活用とリノベーション」「まちの再生」「都市防災」などの地域貢献を目的としたプロジェクト型教育を実施し、インフラ整備、建築設計、住宅づくりのいずれにも対応できる幅広い技術力を養う。

卒業後の進路は?

柔軟な思考を生かせる技術者・科学者として様々なフィールドで活躍
理工学部は自動車・機械・電機メーカーや介護・福祉器具メーカーなどでの、生命科学部は化成品・医薬品・食品メーカー、環境検査機関などでの、建築都市工学部は建築家、インテリアデザイナー、建設コンサルタントとしての活躍が期待される。

注目ポイントはココ!

フレッシュマン・スカラシップ制度(一般枠)
入学後の学業を奨励し、社会に貢献できる人材の育成を目的に、一般入試・芸術学部実技入試・大学入試センター試験利用入試の成績優秀者(一般枠は100人)を対象に入学年度から最長4年間の授業料(文系学部の授業料相当額65万円×4年間=260万円)を免除する。


入試情報の詳細については募集要項等を必ず確認してください。