河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

一般入試A(2日程)、B(2日程)ともに試験時間は60分、大問3題のうち、現代文が2題出題される。一般入試Aの(I)、(III)では3,000~4,000字程度の文章が、それぞれ出題された。一般入試Bの(I)では3,000~3,500字程度の文章が、(III)では2,000~3,500字程度の文章が出題された。A日程、B日程ともに評論文が中心に出題された。内容は思想、文化、文芸、社会で様々なテーマの文章が出題される。設問形式は、全問マークシート方式である。設問内容は、漢字(書き取り)、語句の意味説明、文学史などの基本的な知識を問う設問をはじめ、空所補充(重要語句、接続語句、キーワード、文挿入)、傍線部説明問題(内容説明、理由説明)、本文全体の内容に関わる問題など多彩な設問形式で基本的な読解力を試す設問が出題されている。設問数は一般入試A、Bともに(I)、(III)で、10~12問出題される。設問の難易度は、標準的なものではあるが、抽象度の高い硬質な内容の文章から出題されることもあり、試験時間から考えると時間的にゆとりがあるとは決していえず、本文の論理展開に注意しつつ、手際よく設問を処理する訓練が必要である。

2019年度入試対策・学習アドバイス

基本的な知識の確認

問題分析でも触れたように、国語の基礎知識が多く出題されているので、日頃から対策を立てて得点源にしよう。漢字、四字熟語、慣用表現、重要語句(評論文のキーワード)の意味、口語文法、文学史などについては問題集、国語便覧、辞書を活用し知識を整理する必要がある。

読解力を身につけよう

読解力を養成するためには、キーワードや論理展開に注意しながら本文を論理的に読み進めることが大切である。ただ何となく、漠然とした流し読みはやめよう。このような学習態度で本文読解を行っても読解力の向上は望めない。本文で筆者が「何について」「どのようなことを主張」しているのかを読み取る訓練を行おう。演習には市販されている問題集や大学の過去問を活用することが有効である。とにかく「丁寧に」本文の論理展開やキーワードを確認しつつ、筆者の主張を読むことが大切である。

過去問を解こう

過去問を解いてどのような「テーマ」の文章が頻出しているのか、また、どのような「設問」が出題されているのか、などの傾向(特徴)を確認しつつ、手際よく解答する方法を研究することで、自分にふさわしい学習方法を探ることが大切である。傾向に従った学習対策を立てることが合格への近道である。

設問の対策

まずは、傍線部説明問題の対策であるが、「何となく」傍線部や傍線部の前後を眺めても正解は選べない。設問(傍線部)で何がポイントとして問われているのか、設問の意図が理解できないと正解にはたどりつけないのである。そのときに注目するポイントは、①傍線部中の論理関係、重要語句に注目する。②傍線部を含む文に注目する。③本文の論旨に注目する。以上のポイントを踏まえることが大切である。最後に、空所補充問題であるが、空所前後の文脈を踏まえ、言葉の意味を把握して選ぼう。選択肢でわからない語句は必ず「辞書」で意味を確認し覚えよう。空所補充問題は他大学に比べ難しいので十分に注意し、早めに対策をたてよう。