河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

化学

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

出題数は大問3題、出題範囲は化学全般から出題された。出題形式は全問記述式である。また、論述問題が5問、グラフを描く問題が1問出題された。計算問題は8問あり、すべて計算過程の記入も求められた。有機分野では合成高分子に関する問題が出題され、また、2分子のグルタミン酸がアミド結合により縮合した化合物について、光学異性体も含めた異性体の数を考えさせる問題も出題された。一般入試での出題内容は、【1】塩素とその化合物、二段滴定、炭酸の電離平衡(論述問題1問、計算問題4問〈すべて計算過程の記入が必要〉)、【2】ハーバー・ボッシュ法、反応速度と化学平衡、金属イオンの反応(論述問題2 問、グラフの描図1 問、計算問題2 問〈すべて計算過程の記入が必要〉)、【3】合成高分子の分類、2分子のグルタミン酸が縮合した化合物の異性体、共重合体の組成(論述問題2 問、計算問題2 問〈すべて計算過程の記入が必要〉)であった。試験時間は理科2科目で120分となっており、難易度は、標準~やや難の内容となっている。

2019年度入試対策・学習アドバイス

まずは標準的な内容の徹底理解を

理論分野からは、元素の性質、酸・塩基、酸化還元、凝固点降下および浸透圧、反応速度と化学平衡などの分野からよく出題されている。無機分野からは毎年1、2題、理論化学と絡めて出題されている。有機分野からも必ず1題出題される。教科書の内容をしっかりと理解したうえで、さらに応用力もつけておく必要がある。そのためには、はじめから難しい問題を解くのではなく、まずは標準的なレベルの問題をやりこみ、その内容を徹底的に理解したうえで、さらに応用問題まで演習しておく必要がある。

計算問題対策を十分にしよう

理論分野を中心に、気体、熱化学、酸・塩基、酸化還元、溶解度、希薄溶液、反応速度、化学平衡など、計算問題が多く出題されている。問題演習を通して十分な計算練習をしておく必要がある。また、計算過程の記入やグラフの描図も求められるので、計算式だけを乱雑に書きなぐるのではなく、きちんと立式してから解くというスタイルを身につけ、またグラフを正確に描く練習もしておく必要がある。

有機分野からの出題は必ずある

有機分野からの出題は必ずある。代表的な有機化合物に関する内容が大半なので、ここでミスをすると致命傷である。また、有機分野から記述問題が出題されることもあり、論述問題もあるので、しっかり勉強する必要がある。

無機分野もしっかり勉強しよう

無機分野から大問として1題以上出題され、しかも理論分野を絡めて出題されている。無機全般を確実に勉強しておく必要がある。無機分野はどうしてもおろそかになりがちだが、合格には高得点が必要となるので頑張りどころである。

「生活と有機化合物」や「高分子化合物」の対策も忘れずに

化学平衡や電離平衡といった理論化学のみならず、アミノ酸とタンパク質および糖、高分子化合物といった内容からの出題もある。この分野は知識量や、計算問題の演習量で差がつきやすいので、早めの対策が必要となる。標準問題集でしっかり練習しながら実戦力をつけておくことが大切である。