河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

物理

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

出題される大問数はおおむね5題で、それぞれ小設問が5~8問程度設定されている。試験時間は理科2科目で120分である。大問のうち1題は必ず、物理の様々な分野からの小設問が集まった小問集合の問題である。この小設問の数が年度によって大きく異なり、その結果、全体の大問数が変化する場合がある。2018年度の大問数は5題で、小問集合の問題では「力学」「波」「原子物理」の各分野から出題。大問としては「力学」「熱」「電磁気」「原子物理]の各分野から1題ずつ出題された。毎年必ず「力学」と「電磁気」の両分野からの出題があり、「原子物理」の分野からもここ数年連続して出題されている。問題の難易度については、解答が比較的容易な問題から、少々煩雑な計算を必要としたり、物理の概念に対する深い理解を必要とされる問題まで、様々な難易度の問題が混在している。ただ、問題の設定などには一般的なものも多く、極端に難しい問題の出題は多くない。全体としては、入試問題として標準的な問題が出題されている。しかし、時間的な制約を考えれば、解答が難しい問題は後回しにして、比較的解答が容易な問題からてきぱきと解答を進めることが肝要である。解答の形式はほとんどの場合、解答用紙に簡単な計算の過程と答えを記入する記述式である。したがって、解答のプロセスを細かく筆記するのではなく、必要最小限の式や計算結果を簡潔に記述するようにしたい。

2019年度入試対策・学習アドバイス

様々な分野の基本事項を徹底理解せよ

小設問の集合問題もあり、物理の様々な分野からまんべんなく出題されていることが兵庫医科大学の出題の特徴である。したがって、苦手な分野をつくらないようにし、物理の全分野に対して、基本事項の理解を深めていくことが必要である。具体的には、問題を解くときに用いる「物理法則」などの導出の過程を、教科書などを丁寧に読んで、自分で再現できるようにしておくことだ。なぜなら、「物理法則」の導出の過程にこそ、物理にとって非常に重要な観点や考察が含まれているからである。また、「力学」と「電磁気」の分野は特に重要視されているので、この両分野の基本事項を重点的に学習しておこう。そのうえで、教科書傍用問題集や標準的な難易度の問題集を用いて、標準的な入試問題を正確に解く練習を繰り返せばよい。いわゆる難問をじっくりと時間をかけて解くのではなく、標準的な問題を手際良く、最後の設問まで解ききる能力を身につけることが肝要である。こうした能力こそ、真の意味で合格に必要な力となる。

過去問の演習を徹底せよ

兵庫医科大学の出題の傾向を知るためにも、前述した学習をこなした後、過去問の演習に取りかかろう。その際に重要なことは、必ず理科2科目を120分の解答時間で解く練習をすることだ。ここで、実際の問題の難易度と問題量、そして解答に要する時間などを体験し、時間配分などの戦略を身につけよう。ただし、過去問演習はあくまで傾向と時間配分の体験だから、物理の学力を身につけた後で行うべきである。学習の初めから、過去問だけ解けばよいということでは決してない。本当に重要なことは、前述したように標準的な問題を最後まで解ききる能力を身につけることにある。この能力こそ、諸君らを合格へと導くだろう。