河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

全試験日程で4,000~4,500字程度の評論文が出題された。文化、社会、芸術、思想と様々なテーマから出題されている。設問形式は、マーク式と記述式の併用である。設問内容は、漢字(書き取り、読み)、語句の意味説明などの基本的な知識をはじめ、空所補充(キーワード、文挿入など)、傍線部説明問題(内容説明、理由説明)、本文全体に関わる問題など、筆者の主張や論旨展開を踏まえた設問が出題される。日程によっては、設問の条件文に空所が設けられており、その空所にふさわしい語句を指定字数以内で本文から抜き出すものが出題されていた。設問数は11問。試験時間、文章、設問の難易度から見ると、適切な分量と難易度である。

2019年度入試対策・学習アドバイス

基本的な知識の確認

問題分析でも触れたように、漢字の書き取り(4問)、漢字の読み(4問)は毎年、出題されているので、得点源としたい。確実に得点するためには、日頃から対策を立てる必要がある。漢字練習帳などを用いて確実に覚えること。また、問題集や模擬試験で出題された漢字も復習のときに覚えよう。空所補充でも慣用表現、重要語句が出題されるので、選択肢の表現でわからないものや意味が曖昧なものは、辞書などで意味を確認することが大切である。語句の意味は整理することが必要である。

読解力を身につけよう

日頃から論理展開、キーワードに注意し、客観的に文章を読む訓練が必要である。問題演習には、市販の問題集や受験大学の過去問を用いることで読解力を養成しよう。そのときに注意する点は、「漠然と」本文を読解しても読解力の向上は望めないということである。「丁寧に」論理展開し、キーワードを確認しつつ、読み進めることで、「精緻な」読解ができるのである。また、文章は比較的長い文章が出題されるため、段落相互のつながりに注意し、段落のまとまりを意識した読解を心がけるとよいだろう。

過去問を解こう

過去問を解いて、頻出している文章の「テーマ」が何か、また、どのような「設問」が出題されているのか、などの出題傾向(特徴)を確認しつつ、要領よく解答する方法を知ることが大切である。徹底的に問題を研究し、傾向に即した対策を立てることで、自分にふさわしい勉強法を探ることが合格への近道である。

設問の対策

出題の特徴から考えると、まず、出題数が多い傍線部説明問題の対策を行うことである。傍線部や傍線部の前後の文章を「何となく」眺めていても正解に必要なポイントが得られないので、選択肢を吟味するときには、設問(傍線部)で何がポイントとして問われて いるのかを理解することが求められる。解答に必要なポイントは、①傍線部中の論理関係、重要語句に注目する。②傍線部を含む文に注目する。③本文の文脈(傍線部の表現と論理的につながる表現、段落を導き出す)を踏まえることである。次に、空所補充であるが、基本は、文脈を正しく理解したうえで、適切な言葉を選ぶことである。先でも述べたが、選択肢の言葉で意味がわからないものは必ず「辞書」で意味を確認することである。最後に、本文全体に関わる問題であるが、本文の論旨展開、筆者の主張に注目しながら解答を導こう。