河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

数学I・A

2018年度入試の問題分析

問題は大問4題からなり、第1問は独立した小問が3問、第2~第4問はいくつかの小問で構成されている。2018年度については、第1問の小問集合は数学Iの計算処理を主体とする内容から出題された。具体的には、因数分解や二重根号を含む計算や絶対値のグラフ、一次不等式に関する出題である。また、第2問は数学Iの2次関数の分野から出題され、第3問は数学Iの図形と計量、第4問は数学Aの確率(特に、条件付き確率)の分野から出題された。全体的に数学I・Aの内容からまんべんなく出題されている。難易度に関しては、どれも標準的ではあるが、やや難しい設問が出題されることもある。ひとつの小問に時間を取られすぎないように注意しなければならない。単純な計算問題でも処理に慣れていないと正しく求めることが困難なものもある。第1問の小問として二重根号に関する計算問題が出題されていることには注意したい。普段の学習の際にはあまり目にしないものではあるが、出題範囲内の細かい部分からも出題されることの表れとも捉えられる。

2019年度入試対策・学習アドバイス

数学I・Aの典型問題を中心に基本~標準問題をしっかり勉強しよう

まずは過去問を1年分ぐらい解いてみて、出題される問題の傾向や難易度を自分の肌で経験してみよう。そうすれば今の自分に何が必要であるのかがはっきりするはずである。数学I・Aの全分野について、教科書などを用いてその基本事項や公式をしっかりと理解し、基本問題が解けるようになるまで何度も計算練習を繰り返そう。各単元の基本的な解法はきちんとマスターしなければならない。公式についても問題演習を通して、実際に使いながら正確に頭に入れておこう。基本的な学習が終わったら、問題集などを用いて標準的な問題が解けるように練習しよう。問題を解き終えた後は、解答解説をよく見て、計算過程などにも注意して学習してほしい。苦手なところは教科書の該当範囲をはじめから読み直してみるのもよい復習になるであろう。

計算を普段の学習から意識して!

解き方がわかっていても正しく答えが出せなければ得点にならないので、計算力を普段の学習から意識して取り組むようにしよう。計算の速度を上げることも重要ではあるが、それ以上に、「工夫して計算ができないか」あるいは「計算量を減らすことはできないか」という意識を持って取り組む習慣が大切である。また、ミスの原因を分析し、自分の間違い方の癖を見つけるような学習も効果的である。

特に、頻出分野を重点的に!

特に出題が目立つ分野については徹底的に勉強しておきたい。具体的には、因数分解、分母の有理化を用いる計算、二重根号、絶対値を含む関数、図形と計量、条件付き確率である。初めて数学I・Aを学習した際には難しいという印象を持ってしまいがちな分野であるが、重点的に出題されている傾向からみても、苦手なまま試験を受けるのは賢明ではない。上に列挙した分野は必ず十分な対策をとって入試に挑みたい。二重根号などの計算主体の問題に関しては、たくさんの計算練習をこなして、要領を習得しなければ得点につながらない。解答例を眺めるだけではなく、きちんと自分の手を動かして、自分一人の力で計算できるようになるまで学習しておこう。