河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

日程による難易度や内容の大きな差はなく、マークシート方式と記述式の併用で、長文読解問題が1題と、英文法語法問題が1題の合計2題になっている。難易度は標準的で、高校の学習内容を超えるような問題はないが、和訳問題などの記述問題があるため、やや難しい印象を受けるかもしれない。また、長文読解問題は文の内容について日本語で説明を求める記述問題が出題される場合があり、しっかりと読めていないと点が取れないため、長文の対策は必須である。長文は400語程度の評論文が主な素材として使用されている。これまでに会話文が出題されたこともある。テーマは時事問題や医療などの一般教養的な内容が多い。和訳問題が出題されるのも特徴的で、名詞の修飾や動詞の用法がポイントとなる良問が多く出題されている。英文法語法問題は、時制から関係詞といった基礎文法から、動詞のイディオムまで幅広く出題されており、高校生活で学んだ英語の総合的な力が試されることになる。しかし、どの問題も標準的であるので、センターレベルを意識するとよいだろう。

2019年度入試対策・学習アドバイス

長文読解

<読解>

過去問やセンター試験の長文問題を使って、評論文の読解に慣れていこう。長文のテーマによって影響されないように、社会、歴史、環境、自然科学といった様々なテーマの長文をたくさん読んでおきたい。前述のとおり、内容について日本語での記述での説明が求められることもあるので、まずは正確に文の内容を読む練習をしよう。実践してほしいのは、第一段落で「長文のテーマ」を把握することと、段落ごとに重要なポイントを整理しながら、テーマに沿って読んでいく読み方である。単語の意味に気を取られすぎないように注意してほしい。段落ごとに重要なポイントが読み取ることができるように意識して、読んでいこう。また、過去問を一通りやって、記述問題のパターンを把握しておきたい。また一度解いた長文も、繰り返し読み、英文に慣れていこう。

<和訳>

和訳問題は単語だけで訳すのではなく、文の構造をしっかりと和訳に反映させる必要がある。市販のものや高校の教材で練習をしておきたい。採点のポイントは動詞の用法、接続詞、名詞の修飾といった文法的なポイントになることを意識しよう。

文法・語法

まずは時制、動詞の語法、準動詞(不定詞や動名詞)、比較、関係詞、接続詞、といった重要単元ごとに、基礎の確認を行うのがよいだろう。練習問題で力をつけた後は、センター試験などの総合問題で試験形式に慣らしていくとよいだろう。間違えた問題は必ず、ポイントを押さえてノートにまとめておこう。文法は長文読解、特に和訳問題の対策にもなるので、もう一度これまでに学んだ文法を復習しよう。また、過去問も数年分は解いておき、形式に慣れておこう。

語彙(ごい)・イディオムの強化

まずは動詞を中心に、覚えていくとよい。その際、用法(apologize to A for Bなど)も確認しておこう。動詞に強くなれば読解力も格段に上がるので、ぜひ実践してほしい。単語帳を使ったり、過去問の長文から重要な動詞をピックアップしたりするのもよいだろう。