河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

前期A日程は、例年どおり、現代文の評論2題からの出題だった。いずれも、選択問題と記述問題の両方からなって いる。まず、問題文は、大問一、二とも2,000字強程度と短めで、内容も読みやすい文章だった。例年、現代社会を主題とする文章が出題されているが、自然科学から言語学、社会科学に至るまで多様な領域から出題されるのが特徴。2018年度の大問一の長谷川眞理子 『科学の目 科学のこころ』は、人間による世界の認識が、無作為で偶発的なものではなく、真実との対応関係を持つものだと主張する文章。また大問二の鷲田清一『大事なものは見えにくい』は、私たちが本当に必要としている人間関係が、ねっとりと密着したものではなく、お互いの差異を前提にしつつ、距離を置いて肯定し合うものであることを主張する文章。いずれも、「AではなくB」という対比強調表現に注目することで、文章全体の趣旨を平易に読み取ることができるようになっている。次に、設問形式について見ていくと、漢字問題(書き取りと読み)、空所補充問題、語彙(ごい)力を問う問題(「慧眼」の意味を選ばせるなど)、抜き出し問題、脱落文挿入問題、本文の各部分もしくは要旨に関する記述問題(20~80字程度)などであり、近年の傾向を踏まえた形になっている。問題も比較的平易で、難易度は標準的といってよいが、その分、本文全体の趣旨の正確な理解が要求されることになる点に注意しておきたい。

2019年度入試対策・学習アドバイス

関西医療大学の国語の入試に対しては、次の二点を特に意識しながら、学習に取り組んでほしい。第一に、現代文の実力を蓄えていくためには、何よりもまず、漢字力、語彙(ごい)力(慣用表現、四字熟語、評論用語など)の習得が必須である。これらについては得点源にする意気込みで、問題数やドリルを用いて、日々学習を積み重ねていこう。第二に、内容説明問題の攻略に向けて、評論文の趣旨(その文章で筆者が一番言いたいこと)を正確に理解する訓練が必要である。そのためには、記述問題の比重が高い問題集を1冊選び、り組んでおくとよいだろう。その復習の際、以下の2つを実行してみるとよい。(1)問題文の各段落に段落番号を打ったうえで、その内容を的確に示す小見出しをつけてみる。空欄補充、傍線部説明が求められた場合には、まずその空欄や傍線部を含む段落全体の要旨を丁寧にたどり、答えを探す指針を立てる、というのが手順だが、小見出しをつけることは、その作業に向けてのトレーニングにもなる。(2)本文全体の要旨を50~100字程度で要約してみる。その際、本文の筆者が批判しようとしている考え方と、肯定しようとしている考え方の対比を明確にするよう心がけてほしい。なお、文法や文学史の問題が出題される場合もあるので、教科書の巻末や国語便覧、参考書などの内容を、一通りまとめておくこと。以上のポイントを押さえたうえで過去問にあたり、記述問題や、難しめの選択問題への対処の仕方を中心に、制限時間(3科目型=60分、2科目型=2科目120分)内での時間配分法を考えてみてほしい。また、間違えた問題については、その間違いの原因を明らかにし、自分の弱点を把握したうえで次に進むようにすると、学習の効果が飛躍的に上がるので、心がけてみてほしい。