河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

国語は、すべての日程において現代文のみ大問2題。各日程とも5,000~6,000字程度の評論文を2つに分割し、それぞれの部分を大問(各2,500~3,000字程度)とする、従来どおりの問題文の構成である。参考までに出題文のタイトルと著者を挙げれば、『弱いロボット』(岡田美智男)、『世界史を創ったビジネスモデル』(野口悠紀雄)、である。文化論、身体論、言語論、といった入試評論文の頻出分野からの出題であり、基礎的な読解力があれば十分に対応できる文章内容である。

解答形式は全問マークセンス方式。設問数は各日程とも大問ごとに10~15問程度。設問内容は、漢字(書き、読み)、四字熟語・慣用句・語句の意味、国文法など「言葉の基礎的知識を問う問題」と、接続語の補充、傍線部に関連する内容の説明、脱文の挿入、本文主旨との合致など「細かな文脈の読解や本文内容全体の理解を問う問題」がある。基礎的な設問ではあるが、その形式は多様であり、受験生諸君の総合的な国語力を多角的に問うための設問構成になっている。

2019年度入試対策・学習アドバイス

基礎的知識を習得しよう

漢字、慣用句・四字熟語・語句の意味、文学史など受験生の基礎的知識を問う問題が数多く出題されるため、これらの対策は欠かせない。例えば2018年度では「有り体(てい)に」「捨て鉢(ばち)」「怪訝(けげん)」などの語句の意味を問う問題が出題されている。頻出漢字の読み・書きに加え、慣用句や四字熟語も記載されている総合的な漢字学習参考書を選び、繰り返し演習することを心がけよう。その際、併記されている〈意味〉の記憶も忘れずに。1冊の漢字参考書を活用し、漢字力・語彙(ごい)力を効果的にアップさせよう。

文章読解力を養おう

文章の読解力を問う問題に取り組むためには、語句や文の同義関係・対比関係・因果関係をしっかりと意識し、議論の中心となる文脈を押さえながら、本文を読み進めることを心がけなければならない。本文のテーマと筆者の結論はどのようなものか?本文はいくつの意味段落に分けることができるのか?空欄や傍線部前後の語句や文にどのような関係が成り立つのか?といった着眼点を持って文章を読解し、設問に取り組むことが肝心である。過去問を中心に、空欄補充問題がある私立大学型の問題集も利用して、論理的読解の練習を積み重ねよう。何となく問題文を読んで直感的に解答を選び、正誤を確認するだけで学習を終えてしまっては真の読解力は育たない。自分の考える解答根拠を明確にし、後に解説と照らし合わせ、正解への筋道をハッキリと意識することで、本物の読解力は養われていくのである。

また、入試評論文の頻出テーマや用語について基本的知識を身につけることも重要である。これらの知識を習得することは、語句の意味を問う知識型問題の効果的な対策になるだけでなく、文章理解の速さ・正確さをもたらしてくれるのである。背景的知識を持つことによって、筆者の立場を的確に理解し、議論展開を予想しながら素早く読み進めることが可能になる。過去問や問題集を解く際には、辞書や現代文の用語集を参照し、問題文に関連する頻出テーマや重要用語を確実に自分のものにしておこう。