河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

数学I・A(看護学部)

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

小問集合が1題、大問が4題の計5題で、数学I・Aのほぼすべての分野にわたってバランスよく出題されている。解答はすべて4つまたは5つの選択肢からひとつの正答を選ぶ方式。難易度は教科書の例題から章末問題のレベルのものがほとんど。基本的な考え方や数式処理が身についていて、教科書にまとめられている公式が理解できていれば答えられる内容だ。与えられた制限時間のなかで、答えまでの道筋を素早く見つけ、必要な知識を取り出して効率的に処理していく「作業」としての数学力が問われている。意図としても出題形式としてもセンター試験の数学に近いであろう。各問を見ると[1]は小問集合、[2]は2次関数からの出題であり、最大最小をテーマとした内容が問われた。[3]と[4]は図形と計量と図形の性質からの出題であった。日頃の学習から、自分で図を描いて考える習慣をつけたい。[5]は確率。[1]の計算問題は確実に解答しておこう。絶対値、整数、場合の数、必要十分条件などの典型問題も練習しておこう。[2]は受験数学の定番。演習量で差がついたであろう。[3]、[4]はしっかり図を描きながら考え、基本的な定理を組み合わせて考えていくことが大切だ。[5]は緊張感のある試験時間内に、漏れなく重複なくすべての場合を書き上げていくという落ち着いた作業ができたかどうかで差が出たのではないだろうか。60分という短い制限時間を考えれば、時間配分や問題の取捨選択も上手にできたかどうかも得点差として現れるだろう。

2019年度入試対策・学習アドバイス

問題のほとんどが高校数学の基礎・基本が身についていれば完答できるレベル。自分が学校で使ってきた教科書に隅々まで目を通し、例題、練習問題を解き直すところから始めるとよい。教科書にはいわゆる「定形」というべき問題が一通り網羅されている。それをひとつずつ自分のものにしていくことで、大阪医科大学の入試の問題に対応する力は十分に養うことができる。より実践的な練習としておすすめなのはセンター試験対策(数学I・A)用の問題集だ。問題レベルや形式が近いのでよい練習になるであろう。書店などであまり難しすぎないものを1冊選んでみよう。大切なのはただ漫然とやるのではなく必ず時間を区切ること。簡単な問題でもプレッシャーがかかるだけで解けなくなることがあるので、擬似的にそのような状況を自分に課すトレーニングである。しばらく期間をおいて同じ問題を繰り返しやるのも効果的である。そのときは設定時間を1回目よりもやや短めにするとよい。特に力を入れてほしいのは「図形と計量」「場合の数、確率」の練習。「図形と計量」はひとつのことに気がつかないために後に続く問題がすべて解けなくなるということが起こりがちである。同様に「場合の数、確率」も序盤の数え間違いがすべての問題に影響してしまうだろう。どちらも少しの気の緩みが大きな得点差につながる問題である。本番でそのような状況に陥ったとしても動揺せずに対処できるように練習しよう。つまずくポイントは個人によって傾向が似ていることが多いので、練習で問題を解けなかったときは、なぜ解けなかったかを分析し、気がついた自分の弱点をノートにピックアップをしておくとよい。行き詰まったときは何を考えるべきかのチェックリストを自分のなかに持っておけば、いざというときも落ち着いて対処できるだろう。