河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

数学I・A

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

4題全問マークセンス式をとる。第1問が中問2問からなる場合もあるが大問4題が基本である。数学I・Aからの出題であるが、数学Iからは2次関数、図形と計量(数学Aの図形の性質を含む)、データの分析の分野から、数学Aからは個数の処理と確率、整数の性質の分野からまんべんなく出題されている。2分野以上にまたがる融合問題なども多少見られるが、これらの各分野から大問4題が出題されると思ってよいであろう。

問題の難易度についてはセンター試験と同程度かやや易しめであり、内容的に見てもセンター試験の問題と類似したものが多い。入試問題として典型的、標準的な問題であるが、各問とも最後の方の設問に計算量が多かったり、考えさせられたりする問題が入っている場合もある。問題の分量については試験時間の60分に対して適当であり、落ち着いて解けば十分間に合う分量である。合格を勝ち取るためには、時間配分に十分注意して、解ける設問から計算ミスなく確実に解いていくことが大切である。

2019年度入試対策・学習アドバイス

数学I・Aの教科書の内容を漏れなくしっかり学習しよう

問題は典型的、標準的なものがほとんどである。数学I・Aの分野からまんべんなく出題されているので、各分野の内容をしっかりと学習しよう。特に2次関数、図形と計量、個数の処理と確率、整数の性質の分野については今後も大問として出題される可能性が最も高いから、まずはこの分野を中心にしっかり勉強しておこう。また、その際には、自分が苦手とする分野については、基礎からもう一度学習し直すぐらいの気持ちで取り組んでほしい。

学習方法としては、まずは教科書を用いて基本事項や公式をしっかりと理解、暗記し、教科書の練習問題や章末問題が解けるように何度も計算練習を繰り返すことが一番効果的である。また、計算練習には教科書傍用問題集なども上手に活用すればよい。問題を解く際には出題がマークセンス式であることに注意して、必ず最後まで計算し、正確に素早く答えを導き出す練習を積み重ねることが大切である。

センター試験用の問題集などでさらに実力を養おう

問題は過去に何度も入試で出題されたことがあるような典型的なものが多い。教科書レベルの問題が解けるようになったら、問題集でさらに数多くの問題を解いて応用力を高めていこう。 問題集としては、センター試験の数学I・A用の問題集が一番適している。センター試験の過去問や、分野別のセンター試験用問題集などで典型的な問題に慣れていこう。また、マークセンス式の特徴である「誘導に乗る」ということも問題を解きながら練習していこう。マークセンス式の問題では最初の計算で間違うとあとは全滅ということも起こり得るから、計算については絶対間違えないという気持ちで問題を解いていかなければならない。間違えた場合は必ず間違えた原因を探って、同じような過ちを繰り返さないように心がけたい。

直前期については必ず過去問で最終的なチェックを行ってほしい。さらに、基本事項、公式の最終確認や、今までに解いてきた問題の復習や解き直しを行って、万全の体制で入試に臨んでほしい。