学部の特徴、学べること、カリキュラム、主なゼミナール紹介などを掲載しています。

教育システム

スポーツ健康科学部
スポーツ健康科学科

スポーツと健康を総合的な視点から学び、人間の心とからだに豊かさをもたらすスポーツリーダーを育成する

学部の特徴

日常に身近なスポーツを社会基盤と位置づけ研究する


少人数制で実践的に学ぶことができる

人は皆「日々を健やかに暮らしたい」と願う。そのため日常的な運動や、食生活の面から健康維持・向上をめざす人は多い。近年では様々なスポーツ施設が誕生し、気軽にあるいは本格的にスポーツを楽しむ人が増加している。そんなスポーツと健康を学問として科学する社会の要請に応えるのが同志社大学スポーツ健康科学部だ。

同学部における教育目標は、身体能力や競技力の向上に加え、より広くスポーツ・健康分野で活躍すること、行政や福祉、文化を含めた総合的な視点からスポーツや健康に関して企画・提案できる人材を養成し、豊かで健康的な社会づくりを進めるなど、スポーツを社会基盤の一分野と位置づけた教育内容を掲げている。体育教員や競技者、あるいはインストラクターなど実践者を育成することに重点が置かれていた従来の体育系大学と異なるポイントだ。

同学部では、スポーツと健康に対して3つの視点からアプローチする。病気を予防し、健康を維持・増進するための「健康科学」。パフォーマンスの向上や指導について研究する「トレーニング科学」。そしてスポーツを取り巻く社会環境の整備を考える「スポーツ・マネジメント」。これらはそれぞれめざす方向が異なるように見えて、実は非常に深い関係にある。スポーツを通じて健康を維持・増進するには、科学的・医学的に裏打ちされた最適なトレーニング方法が不可欠。そして、誰もがいつでも気軽にスポーツに親しめる社会環境が整備されて初めて、スポーツによる健康増進、生活の質の向上が実現するのである。

学びの連携

総合大学の強みを生かし
新たなスポーツのカタチを提案


スポーツ指導への貢献を視野に入れた研
究活動を展開

学生たちはこうした観点に立って編成されたカリキュラムから、興味や将来の希望に応じて、3つの履修モデルから最適な学びの方向性を選ぶことができる。

また、同学部は生命医科学部と連携しており、生命科学・医学に関する共同研究や、授業科目の共通化が図られるほか、既存学部とのコラボレーションにも道が開かれるなど、総合大学でスポーツ・健康を専門的に学ぶメリットは大きい。少人数教育の充実によるコミュニケーション能力の向上や外国語教育の重視など、社会へ出てからのスキルアップにつながる科目が多く設置されていることも特色といえる。

注目の研究室

豊富な実践と検証を重ね
コーチング技術を究める松倉ゼミ

幅広い視点からスポーツと健康にアプローチする同学部の研究室は22に及ぶ。Jリーグ下部組織で選手育成に携わった経験を生かしてコーチングの研究活動に取り組む松倉啓太先生のゼミもそのひとつだ。

「コーチング技術を究めるために、5つのテーマを掲げています。(1)スポーツにおける動作分析や指導法について。(2)コーチとしての選手への効果的な働きかけ。(3)競技パフォーマンスの分析。(4)トレーニングメニューの立案。(5)各スポーツにおける種目別の特性、例えば運動の種類や継続時間、動作速度、動作頻度に応じたトレーニングの手段です」

同時に様々な種目の技術や戦術、体力はもとより、条件の違いによる行動パターンや身体への影響などをデータや映像で分析。科学的知見に基づく見解を蓄積しながら、次代の理想的なスポーツ指導のための示唆を示し続けている。

そして松倉先生の視野にある“現場”はフィールドやグラウンドにとどまらない。「コーチングにおける『人に何かを伝える』という場面は、スポーツだけでなく日常生活や一般企業において誰にでも訪れます。本ゼミでの学びや体験を通してコミュニケーション力やプレゼンテーション力を身につけ、新しいアイデアやひらめきを生み出すスキルを磨き抜いて、卒業後の社会生活で大いに役立ててほしいと願っています」