学部の特徴、学べること、カリキュラム、主なゼミナール紹介などを掲載しています。

教育システム

文化情報学部
文化情報学科(文化資源学コース/言語データ科学コース/行動デー タ科学コース/データ科学基盤コース)

4コースが有機的につながる環境で学び、文理の枠を越えた柔軟な発想ではばたく

学びの内容

文化を科学する学び
広く深い探究で次代をひらく

文化情報学部では、人間の営みのすべてを「文化」と捉え、発生する現象をデータ化して科学的な分析を行う。近年まで自然科学の分析対象ではなかった文化、例えば歴史や芸術、社会現象などをデータ化し分析することで、知られざる事実を浮かび上がらせるのだ。1~2年次は文化に対する幅広い知識や教養を習得することに主眼を置く一方、データサイエンスの基礎的知識や技能の体得に注力。3年次には「文化資源学」、「言語データ科学」、「行動データ科学」、「データ科学基盤」の4コースに分かれ、研究室に分属。主・副担当教員による複数指導で卒業研究、卒業論文を作成する。

文化資源学、言語データ科学、行動データ科学コースは文化クラスター科目群の位置づけで、多様な文化に対する深い専門性とデータリテラシーを兼ね備えたジェネラリストを育成する。一方、データ科学基盤コースでは、文化に対する幅広い教養と高度なデータ解析技術を併せ持つ、データサイエンティストを育成する。文理融合のリテラシー(情報を読み解き活用する力)を体得した同学部卒業生は、企業などで分析部門と現場部門の架け橋になれる存在だ。

コース紹介1

文化研究の枠組みを再構築
文化資源学コース

私たち人間の社会には、時代や地域ごとに独特の文化が存在する。文学、歴史、美術、音楽といった文化を探求するための文献や遺物などの資料が文化資源である。文化資源学コースでは、断片的かつ大量に存在する資料を基にデータを網羅的に収集し、情報のデジタル化や数理的手法によって分析、再構築することによって、文化の本質に迫っていく学問である。

コース紹介2

言語現象の解明に取り組む
言語データ科学コース

母語は幼少期から自然に習得してきた言語であるが、なぜそうなっているのか説明できない現象が数多く存在している。言語データ科学コースでは、こうした言語に関するデータを収集・分析する方法を学び、人間や取り巻く文化・社会の本質を明らかにする。言語や文章(テキスト)だけでなく、コミュニケーションの観点から研究していくことも特徴である。

コース紹介3

人間の行動を予測・デザイン
行動データ科学コース

行動データ科学コースでは、文化や社会の仕組みに規定される人間の行動傾向を、定量的なデータに基づいて客観的に記述・モデル化することで、人々の行動を理解・デザインするための方法を学ぶ。

コース紹介4

数理・情報・統計の壁を越える
データ科学基盤コース


共同作業実験の様子

データ科学基盤コースでは、現代社会のあらゆる課題に対してデータサイエンスの手法を用いて解決するための、数理科学、情報科学、統計科学の基盤的知識・技能を習得する。文系・理系どちらに軸足を置く学生も満足に研究に取り組めるのも魅力。卒業研究では、新たな知見の獲得、新たな方法の開発、具体的な課題の解決に取り組む。

研究室紹介

総研究室数 29

    文化資源学コース

  • 歴史文化情報研究室
  • 日本文学研究室
  • 文化科学研究室
  • 時空間情報科学・行動計量学研究室
  • 音文化研究室
  • 芸術史研究室
  • 人文情報学研究室
  • 言語データ科学コース

  • 言語記述研究室
  • 言語生態研究室
  • データサイエンス研究室
  • 言語対照研究室
  • 言語資源研究室
  • 理論言語学研究室
  • 音声学・音韻論研究室
  • 行動データ科学コース

  • 認知行動科学研究室
  • 比較文化研究室
  • 身体メディア研究室
  • 視覚表現研究室
  • 現代社会学・社会史研究室
  • 計量社会学研究室
  • Cultural Human-Computer Interaction Laboratory
  • 感性情報心理学研究室
  • データ科学基盤コース

  • 数理科学研究室
  • 数理モデル研究室
  • 統計科学研究室
  • メディア情報学研究室
  • 数理推論研究室
  • 計算情報学研究室
  • 数理統計研究室