学部の特徴、学べること、カリキュラム、主なゼミナール紹介などを掲載しています。

教育システム

経営学部
マネジメント学科※
※2019年4月学科再編(設置申請中:内容は予定であり、変更が生じる場合があります)

2019年4月、総合的なマネジメント能力の育成をめざし、
学科を再編

学部の特徴

3つのドメイン(知識領域)を横断的に学修する

社会の変化が激しく先の見えにくい時代において、経営の在り方も大きな変革期を迎えている。これからは自ら変化を読み解き、自分も周囲も変えていくことのできるマネジメント能力が求められる。

京都産業大学経営学部ではこれまであった経営学科、会計ファイナンス学科、ソーシャル・マネジメント学科をマネジメント学科に統合。文字どおりマネジメントに必要な機能を3つのドメインに編成し、それぞれの分野を横断するスタイルで学修する。現代社会だけでなく次代における事業経営にも通用するマネジメント能力の修得にふさわしい環境づくりを実現している。

学びの特色

学生が自由に組み合わせるオリジナルカリキュラムを実現

マネジメント学科におけるドメインについて、戦略と組織を体系的に学ぶのがStrategy & Organization[戦略と組織]である。社会の様々な組織の活動において、ヒト、モノ、カネ、情報を有効に活用するために必要な知識を修得する領域となっている。製品・サービスづくりを学ぶのは、Marketing & Innovation[マーケティングとイノベーション]。市場や製品・サービスの革新を効果的に行うための管理手法と必要な知識を学ぶ科目を体系的に構成している。これからの企業の在り方を学ぶのはAccountability & Governance[アカウンタビリティとガバナンス]だ。企業や組織が社会的責任を果たすための適正な資金運用や、経営計画の策定に必要な知識の修得を目的とする。

これらの3領域を自由に行き来するスタイルで、いずれかの領域に比重を置いて学ぶことも、すべてをバランスよく学ぶことも可能。学生一人ひとりで違う興味や関心、将来の目標に合わせて自由に組み合わせることで、理想的なオリジナルカリキュラムの構築が可能となっている。

教育の展開

2年次から始まるゼミや資格取得サポート制度も魅力

「1年次は基盤科目と導入科目でベースとなる知識を修得。2年次にはリーディング・ドメイン(主たるドメイン)を選択し、選択基礎科目を通して3つのドメインを横断的に学修する。3・4年次にはリーディング・ドメインの応用レベルの知識や技能を修得。事例やデータをもとに演習形式で問題の発見・解決を行う「ケース分析/データ分析科目」を履修し、実践で活用できる力を身につける。

マネジメント学科において学修の核となるのが、ゼミである。一般的にゼミは3年次からスタートするが、同学科では2年次からスタート。十分な時間をかけて専門性を深めることに加え、日々の学修においても、自分の専門研究に必要な周辺分野の科目履修につながる。4年次では、3年間の調査・研究により養われた思考力や分析力をもとに、卒業論文を作成する。

また、研究型、実践活動型、企画型など多彩なゼミを設置しており、ゼミ間の交流も盛んである。ゼミ対抗イベント「ゼミ研究報告大会」では、「マツダの教習車戦略」「ビットコインの今後について」「奨学金トラップ-嵌らないための学資保険-」などをテーマに、ゼミ同士がお互いに切磋琢磨する。学内だけでなく全国大会や学会での学生発表など、社会・他大学との交流も実施している。

会計のプロをめざす学生のサポート体制も万全で、専用の勉強スペースを設け、意欲ある学生がいつでも勉強できる環境を整えている。現在3年連続で在学中の公認会計士試験合格者を輩出。また、税理士試験の科目合格者も多数輩出している。

研究室紹介

総研究室数 37

  • 箕輪雅美研究室
  • セブン- イレブン、東京ディズニーランド、AKB48など身近な組織を中心に、学生自身がそのビジネスモデルを分析し、成功理由の解明を目標としています。2年次には基礎トレーニングとして理論的思考法を学びます。

  • 佐々木利廣研究室
  • あらゆる組織は自ら存続発展するために外部環境の変化に対して柔軟に適応することが必要。企業がNPO や行政組織と協働するケースを素材に、協働の理由やそれによって生まれるもの、過程などについて考えます。

  • 中井透研究室
  • 経営計画の立案と策定をテーマに研究し、実践的経営学の修得と、即戦力となる人材育成に注力しています。学生自身がベンチャー精神を発揮して新しいビジネスを考え、成長への経営計画をつくり、卒業研究へつなげます。