河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2017年度入試の問題分析

本文は、全体的に評論文が中心で、教育論・哲学・歴史・社会・言語・文学・芸術など様々なテーマから出題されているが、ほかに随筆も出題されている。小説は、年度によって出たり出なかったりだが、2017年度は2016年度に続いて出ていない。本文の難易度は標準的なものがほとんどだが、なかには古めかしく読みづらい表現のものもある。設問の形式は、マーク式が中心だが、抜き出しや漢字の書き取り・読みには、記述式のものもある(全学統一入試はマーク式のみ)。設問の傾向としては、空欄補充問題、傍線部の内容説明が多く出題されている。ほかには、本文の内容に合致するものや合致しないものを答える問題もあり、知識問題としては、漢字の書き取りや読み、言葉の意味が問われている。また、文学史は、年度によって出たり出なかったりだが、2017年度は2016年度に続いて出題されている。設問の難易度はだいたい標準的だが、紛らわしい選択肢が並んでいる場合もまれにある。設問数はどちらかというと多めなので、時間内で解けるよう配慮する必要がある。

2018年度入試対策・学習アドバイス

基本的な読解力を身につけよう

本文は多様な分野から出題されているので、日頃から様々な文章に接しておく必要がある。実践的なやり方としては、標準的な私立大学型の問題集を解くことで、多様な文章を読むことに慣れておくとよいだろう。やや難しめの評論も、各段落の論理の中心を押さえながら読み込んでいけば、全体の論理をつかみやすい。練習問題を解く際にそれを意識すると、内容合致に関する問題などには対処しやすいだろう。

本文に根拠を見つけて答えを導こう

頻出している空欄補充問題については、大きく2つのタイプがある。ひとつは、空欄の前後の文脈を踏まえて、論理的にどういった内容の語や語句や表現を補うべきかを考えるもの、もうひとつは、空欄の前後の文脈から、どういった副詞や接続の言葉を補うべきかを考えるものである。しかしいずれにおいても、空欄の前後が同内容の繰り返しになっているのか、あるいは対比的になっているのか、また、空欄の前と後が順接になっているのか逆接になっているのかなどを吟味していくとよい。同じく頻出している傍線部の内容説明を問う設問は、例えば傍線部内あるいは傍線部の直前に指示語がある場合、その指示語の指示内容を押さえたうえで、傍線部の前後の文脈を論理的に整理すると、正解の方向が見いだせる場合がある。このように、とにかく空欄や傍線部の前後の文脈を、正解を導くための根拠の一端として読み込んでいく姿勢が大切である。

国語についての知識を充実させよう

漢字の書き取り・読みについては、書き取り・読みともにかなり難しいものもたまに出ているので、漢字の問題集にあたって対処できるようにしておきたい。また、そもそも選択肢の語や語句がわからないと、本文が読解できても答えられないので、練習問題を解いていてわからない語や語句があったら、その都度必ず辞書や国語便覧で調べて覚えておきたい。慣用句や四字熟語なども同様である。文学史についても常識レベルのものは覚えておきたい。なお、文法に関する文章からも出題されているので、国語文法の基礎知識は得ておいた方が無難である。いずれにしろ国語についての知識が充実すれば、当然ながら設問の正解率も上げられる。