河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

入試問題は一般入試I期3日間の日程とも大問5題の出題で、設問の種類は2017年度と同じである。Iは長文総合問題で、空所補充選択、語句整序、内容一致、日本語訳問題などが、選択式と記述式で出題される。IIはグラフや絵と英文を読んで、内容一致や数値に関する設問に答える問題。日程によって内容一致問題、数値問題、記述問題の有無はあるが、基本的に大きな違いはない。IIIは比較的短い会話応答文の空欄補充選択問題で、10個の選択肢から5つの選択肢を選ぶ。IVは4択問題で設問の内容は文法・語法など様々である。Vは比較的短い英文の空欄に適語を補充する記述問題が出題される。和文がないので、文脈や文構造を考えて単語を書いていくことになる。全問を通じてレベルは基礎~標準で、オーソドックスな問題構成である。選択問題だけではなく、日本語訳、説明問題、単語などで記述問題も出題されるので、日本語や英単語を書く対策も必要となる。

2019年度入試対策・学習アドバイス

文脈を捉える読解の対策を立てよう

長文読解問題は1題である。空所補充問題の選択肢の品詞が、前置詞や準動詞など、同じ品詞、同じ質の語句でそろえてあるので、文脈を捉えるだけではなく、文法・語法やイディオムなどの知識も必要となる。また、日本語訳問題も同様に文構造を捉えるための文法・語法の知識が必要となる。内容一致問題や説明問題は、解答を出すために文脈を捉える読解力が必要になる。出題レベルは基礎~標準ではあるが、ある程度の読解力と速読力を身につけていないと、すべての問題を時間内に解答するのが困難になる可能性がある。まとまった長さの英文を速く読むにはある程度の知識や経験が必要であり、日頃から英文に触れる時間を積極的につくってほしい。また知らない単語が多すぎると英文を読むスピードが落ちるので、普段からボキャブラリーを積み上げて、英文の内容理解や速読に対応できるように備えておこう。IIのグラフの問題は、図表データと英文から必要な情報を読み取る問題で、設問自体はそれほど難しくはない。数値を扱うのが苦手な受験生は、過去問を使って練習をするとよい。また数値を表す表現は覚えておくとよい。センター試験の第4問Aのグラフ問題を解くのもいい練習になるだろう。

文法・語法の基本を押さえる

IIIの会話文の内容を捉えるのはさほど難しくはないが、5つの空欄に対して選択肢が10個あるので、対話の全体の流れと、空所の前後と選択肢が論理的・意味的につながる選択肢を選ぶ必要がある。英語独特の会話表現をチェックしておくとよい。IVの4択問題では、基本的な問題が多いが、文法・語法・語彙(ごい)・熟語など様々な問題が出題されているので、普段使っている問題集や参考書を一通り学習することが必要だ。

記述式の解答にも慣れておこう

記述式問題への対策も必要となる。日本語訳問題で出題される英文中には、何らかの構文や熟語が入っていることが多いので、普段からの文法・語法の学習が正しく文構造を捉えて日本語に訳すことにつながる。Vの記述式空所補充問題も同様に文脈と文構造を捉えて英単語を書くことになる。ボキャブラリーや文法・語法の基礎を安定させることが、合格への近道である。