河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

国語は60分間の試験時間で、古文・漢文を除く現代文のみが2題出題された。問題文は評論または随筆からの出題であり、文章の内容は、社会論、人生論、言語論、自然論、哲学思想などだったが、2018年度は社会の様相と自分のあり方について考察する文章がやや多めであった。いずれの文章も論旨を丁寧にたどれば読解できるものである。文章の長さは標準的なものが多いが、2018年度は長めの文章も出題されており、7ページを超える長文もある。長い文章の論理展開をしっかりと把握しながら読解する力が求められている。設問の形式はすべて選択式(マークシート方式)であり、問題文1題につきマーク数は12~15問。ほぼ例年どおりの分量である。設問の内容は、漢字、言葉の知識、空欄補充、傍線部の内容や理由などを問うもの、欠文挿入、内容合致に加え、例年はあまり見られない、段落の並べ替え、タイトルをつけるものも出題された。過去には文学史の知識が問われていた年度もあったが、2018年度は出題されなかった。

全体としての難易度は標準的である。

2018年度入試対策・学習アドバイス

漢字・語句の力をつけよう

漢字や語句の知識は問題文を読む基本になるだけでなく、確実な得点源になる。漢字は毎年出題されており、四字熟語、慣用句などの知識も問われている。標準的な漢字の問題集を使って確実に勉強しておきたい。知らない言葉が出てきたらすぐに辞書を引くなどして言葉の意味も積極的に覚えていこう。

標準的な問題集で練習するとともに、長い文章も読み慣れておこう

設問については、空欄補充問題と傍線部の内容や理由を問う問題が多い。そうした問いに確実に答えるためには、空欄や傍線部の前後の文脈を正しく把握することが重要である。

また、内容合致問題や欠文挿入の問題に加え、2018年度に出題された、段落の並べ替えの問題やタイトルをつける問題、2017年度に出題された、筆者の主張を問う問題や論の進め方を問う問題にも対応するためには、本文全体の論理展開を理解するように意識したい。特に2018年度は長い文章が多めに出題されており、部分的な読解だけでは全体の内容が把握できない。問題文を読む際には、何が論点になっているのかを考えて筆者の問題意識を読み取り、問題文全体の論理展開を確認しながら、筆者の考えが提示されている部分やその理由が述べられているところに線を引くなど、内容を整理して読んでいきたい。標準的な私立大学型の問題集を1冊以上こなしておこう。長い文章の練習にはセンター試験の過去問も有効である。

選択肢問題の訓練を十分に積もう

設問の解答はすべて選択式(マークシート方式)である。選択式問題が得意になるには、設問を丁寧に読み、設問の意味を十分理解したうえで、本文を根拠に自分で解答を考えるようにすることが大切である。自分で考えずに選択肢に頼って何となく答えを出すといった態度では、確信を持って正解を選ぶことができない。また、紛らわしい選択肢があったら、その選択肢を細部まで丁寧に読んでほかの選択肢とよく見比べ、間違いの箇所を確認して解答を出す練習をしておこう。

選択式問題の練習には、私立大学型の標準的な問題集のほかに、センター対策用のマークシート方式問題集を使って評論を解くのも有効である。