河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

3日間とも問題形式は同じで、解答形式はすべてマークシート方式。第1問が英文法の空所補充問題で、不定詞、時制、動詞およびその文型、動名詞、分詞、前置詞、態など大切な文法事項が主に出題され、また基本熟語も出題された。第2問は英文整序問題で、5つの選択肢の並べ替えだが、日本語がなく語彙(ごい)力や文法力が重要。第3問は会話文完成で、AとBが一度ずつ発言する。それほど難しくはないが、A・Bが1話ずつしか発言せず状況がつかみにくい。第4問は2つの問題からなり、長めの会話文で、本文中の表現の意味を問う問題、空所補充、内容を問う問題、チラシを見て内容を答えるセンター試験の第4問Bのような問題であった(センターに比べると情報量は少ない)。第5問、第6問はともに500~600語程度の長文読解問題。論説文が中心で、いずれも語彙(ごい)レベルは標準的で、内容を問う問題が多い。

2019年度入試対策・学習アドバイス

基本文法・語法を徹底的に学習

第1問では基本的な文法が問われる。また、第2問においても基本的な文法力は不可欠である。どの分野もまんべんなく出題されているが、基本的な知識があればそれほど難しい問題ではないので、文法の問題集を1冊仕上げることをお勧めする。間違えた問題を解けるようになるまで何度でも解き、1冊すべての問題ができるようになるまで繰り返すのが理想。また、単語・熟語も頻出語程度までは覚えておこう。

会話文が必出

会話文は、会話文特有の表現を覚えるよりも、会話の流れを読んで答えを導き出したい。ただし、会話文は通常の英文より省略が多いなどの特徴は当然あるので、会話文に読み慣れよう。案外、思いもしない表現に出くわすことがある。過去問に必ず目を通し、同じような問題をやってみるのがよい。第4問は、形式が会話文であるだけで、実際は通常の長文読解と同じように、話の流れを読んで問題を解く必要がある。語句の意味を問う問題は難しいが、文脈をよく読み取れば必ず正答できる。内容を問う問題については、該当箇所を探し出して答えなければならないので、設問から読み、効率よく解答しよう。

とにかく時間が足りない

文法、英文整序、会話文、長文読解などで大問が6題ある。にもかかわらず、解答時間は約60分(2科目120分で、2科目の時間配分は自由)。これは、かなりきつい。まずは過去問を解いてみて、時間配分を考えよう。幸いここ数年同じ傾向の問題が出題されているので、解くべき問題に不自由はしない。長文読解は、効率よくテンポよく解こう。

長文読解はテンポよく

長文問題は、まず設問を見る。下線を問う設問や空欄を埋める設問以外は本文を読む前に設問だけ訳し、日本語でメモを取っておくのもよい。そして、その後に長文を読み始める。下線がついている問題や空所補充問題、内容説明の問題を解きながら読み進めよう。そして、最後に「次の文章で本文と同じ内容について書かれているもの」「この文章のタイトル」などの問題を解く。問題文もすべて英語で書かれているが、これは過去問を解いて慣れておこう。なかには解答しづらい問題があるのであまり1問にこだわらず、最後までこなそう。また、長文問題の最初に必ず、接続表現が出題されるので、一通り覚えておくこと。いずれにせよ、文を速く確実に読むためにも語彙(ごい)力を強化しよう。