河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2017年度入試の問題分析

構成は、2016年度と同様、第1問・2問の長文2題、第3問が文法・熟語・構文(11問)、第4問が会話文(7問)となっており、全問マーク式である。第1問は550~700語の長い英文で、「ドイツ人の英語学習」、「幸せになるためには」などのテーマであった。本文中の単語・熟語に近い語句を選ぶ問題が多く出題され、内容説明、空欄補充、段落内容一致問題など内容に関わる問題に加え、文法・発音・アクセントの問題も出題されている。第2問は350語程度の英文で、「色についての考え方」「日本における高齢化社会について」などのテーマで、6問すべて空所補充問題である。第1問のような文の選択肢はなく、単語、熟語の補充問題であり、ほとんどは前後の内容から判断して適語を補う問題である。接続表現やダッシュなどに注意し、また本文の〔注〕には、必ず目を通してテーマの予測をしてから解くようにしたい。

2018年度入試対策・学習アドバイス

文法事項の基礎を徹底しよう

文法問題は、第3問で11問出題されているほか、長文問題のなかでも出題されているが、すべて基本的な力を問う素直な問題である。高校のテキストによく目を通し、基礎~標準レベルの問題集を1冊決めて、徹底的に繰り返しておこう。前置詞・比較・仮定法・受動態・分詞構文・関係詞・時制・接続詞などの文法事項のほか、「do nothing but原形動詞」「the last person to do」など、受験頻出熟語や構文も出題されている。文法は様々な分野から出題されているので、不得意な分野がないように、一通り目を通しておこう。文法自体を問うよりも語の知識について問われた問題が多かったり、関係代名詞が重点的に聞かれたりと年度によって異なるので、問題集を一冊仕上げておきたい。

会話文にも慣れておこう

会話文は決まりきった会話表現(I’m just looking.など)を求める問題もあるが、それ以上に前後の流れから臨機応変に答えを求める問題も多く、単に熟語などの知識を問う文法問題と変わらない問題も出る。まずは、決まり文句を一通り確認してから、センター試験の会話問題のような、様々な会話問題に目を通し、慣れておくことが望ましい。

毎日必ず長文に触れよう

何といっても長文は一番の得点源であり、長文対策は重要な課題である。第1問、第2問とも、比較的読みやすい英文ではあるが、第1問は内容を問う問題(特に段落全体を読んで内容が一致する文を選ぶ)も多く、日頃から長文に接する習慣をつけておくことが必要である。無理のないレベルの英文素材を選び、あまり立ち止まらず読み進める練習をするのがよいだろう。〔注〕は若干多めにつけられているが、必修単語ぐらいまではしっかり覚えておこう。

教育・言語などのテーマは特に力を入れよう

例年、教育や言語・習慣といった人文系の話題がよく出題される。様々な内容の英文を読む訓練が必要であるが、特に教育・言語のテーマは多く出題されているので、重点的に取り組んでほしい。

同意語などに注意し単語を覚えよう

長文問題では、内容に関わる問題だけでなく、単語の意味や発音、アクセントといった、その部分だけが問われる問題も含まれるので、単語・熟語を覚える際には発音や同意語、反意語なども確認しよう。語彙(ごい)問題が数多く出題されるので、単語力が明暗を分けるだろう。