河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

2017年度入試の問題分析

例年どおり、文学部日本語日本文化学科は現代文1題、古文1題、ほかの学部・学科は現代文2題という問題構成である。問題文は評論あるいは随筆で、比較的長めのものも見られるが、難易度はおおむね標準的である。設問も例年同様すべてマーク式で、記述式の設問は出題されていない。設問数は1題につき10問。漢字、語句の意味、文学史といった知識型の問題に加えて、空欄補充問題、傍線部の内容・理由を問う問題、文を正しい順序に並び替える問題、脱落文挿入問題、本文との内容合致問題など、私立大学型のオーソドックスな設問が出題されている。なかでも空欄補充問題、傍線部の内容・理由を問う問題が多いのが特徴だといえる。設問の難易度はおおむね標準的で、特に難解なものは見あたらない。

2018年度入試対策・学習アドバイス

読解力を養おう

出題される評論・随筆は、一般的な入試のレベルから見て特に難度の高いものではないが、それでも基本的な読解力が不足している受験生には難しく感じるだろう。また、比較的文章量の多い問題文が出題される傾向があるので、やや長めの文章に読み慣れておくことも必要である。普段から様々な文章に触れて読解力を養っておくべきだろう。教科書や標準的な難易度の問題集、過去問を利用して、様々なテーマを扱った評論・随筆に接しておこう。その際、漠然と本文を目で追うだけというような読み方ではなく、本文全体の展開や趣旨といった読解のポイントを正確に読み取ることを心がけてほしい。

根拠を踏まえて答えを決定しよう

金城学院大学の設問は、空欄補充問題と傍線部の内容・理由を問う問題が中心となる。私立大学型の問題集や過去問を利用して、それらのタイプの設問を十分に練習しておこう。設問を解く際には、何となくといった感覚ではなく、本文中の根拠を正確に踏まえて答えを決めることが大切である。根拠と思われる箇所にチェックを入れる習慣をつけてほしい。そうした適切なやり方で練習を繰り返せば、正答の割合もアップするはずである。また、答え合わせをする際にも、正誤の確認をするだけでなく、答えの根拠が正確につかめているか、正解以外の選択肢はなぜ誤りなのかしっかり確認するように心がけたい。まだ力がついていない段階では、時間はあまり気にせずじっくり問題に取り組もう。力がついてきたと感じたら、できるだけ素早く解くことを意識してさらに練習を積み重ねるとよいだろう。

知識問題の対策も忘れずに

漢字や語句の意味、四字熟語や文学史などの知識が問われる設問も出題されるので、対策をおこたらないようにしよう。漢字はマーク式といっても、実際に書くことができなければ正確には答えられないだろう。漢字の問題集に取り組む際には、必ず自分で実際に書いて練習するようにしよう。また、普段から意味のわからない言葉を見かけたら、辞書や受験対策用の用語集などを用いてしっかり意味を確認しておくこと。語彙(ごい)力は語句の知識を問う設問に対応するためだけでなく、問題文を正確に読み取り、空欄や傍線部の問題などに対応するためにも不可欠なものなので手を抜かないようにしよう。文学史についても国語便覧などを利用して、基本・頻出の事項を学習しておいてもらいたい。