河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2017年度入試の問題分析

語彙(ごい)問題、文法・語法問題、整序問題、会話文、長文問題から成り立っている。長文問題で難しい問いもあるが、多くは基本的な語彙(ごい)力、文法力、長文読解力があれば対処できる問題である。大問Iは語彙(ごい)問題であるが、語定義が書いてあり単語を選ぶもの、単語が書いてあり語定義を選ぶものの両タイプの問題が全部で5問出されている。大問IIが文法・語法で10問、大問IIIが整序で5問。大問IVが1ページ近くもある会話文で、それについての空所補充、パラフレーズ問題(下線部の意味に近いものを選ぶ)、内容一致が10問出されている。大問Vは2ページにわたる長文が出されている。空所補充、パラフレーズ問題、発音・アクセントと設問は多岐にわたるが、メインはパラグラフごとの内容一致や話の細部がきちんと意味が取れているかを問う問題であると思われる。

入試問題全体を通して見ると、語彙(ごい)力、文法力、会話文を把握する力、長文読解力など広く英語力を問われるバランスのよい問題構成であり、受験生の英語力が正しく反映される問題である。設問の難易度は易~やや難まで混在しているが、平均すればやや易~標準である。

2018年度入試対策・学習アドバイス

易しめの長文をたくさん読もう

長文は2ページにわたる、抽象度の高くない説明文である。センター試験の長文のようにはじめから段落番号が打ってあり、いかにもパラグラフを意識させられる長文である。実際パラグラフごとの内容一致が5問も出されている。「木を見て森を見ず」の読み方にならぬよう全体の流れと、段落ごとの大意をつかみながら読んでいくことが大切である。対策としては、易しめ~標準レベルの長文をたくさん読んでほしい。読解力を強化するためには、とにかく内容を追って読んでいくことが大切である。一文ずつゆっくり読むのではなく、あまり辞書を使わずに何度も読む訓練をしてほしい。その際に段落ごとに要旨をつかむパラグラフリーディングを心がけたい。センター試験の第6問の過去問もよい練習になる。また論説文ばかりでなく、小説、エッセイなどいろいろなジャンルを読んでほしい。

長めの会話文をたくさん読もう

数行の会話問題ではなく1ページ近い会話文なので、正しく流れを追って読んでいけるかがポイントになる。

会話表現でよく出される表現や受け答えを勉強することはもちろんやるべきだが、ある程度の長さの会話文をたくさん読んでおきたい。過去問では長い会話文が少ないので、問題集や他大学の過去問を利用して勉強するとよい。

整序問題に多くあたってみよう

IIIで整序が出題されている。和文のない整序なので難しいものもある。意味を推測しながら、単語と単語のつながりや文構造を考えながら並べていく。イディオムや重要構文が入っているものもあるので熟語集をやることをおすすめしたい。

数多く問題にあたり、また多読により英語的センスを磨くことが大切である。

語彙(ごい)、文法・語法対策はぬかりなく

文法問題は、すべてのジャンルをぬかりなく勉強しよう。文法は一通りやればやっただけ得点源となるだろう。レベル的には、高校の教科書での基本文法を徹底しておけば、合格点はクリアできる。語定義は、受験生として必須のものが習得できていれば大丈夫だと思われる。