河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

2017年度に引き続き、【1】に発音問題が出題された。ほかは各設問の問題数の変更以外には大きな変更は見られない。【1】は発音4問、【2】は語彙(ごい)・熟語の同意語句4択問題5問、【3】は文法・語法問題14問、【4】は語句整序問題3問、【5】は会話文完成問題3問、【6】は中文空所補充問題5問、【7】は長文内容把握問題5問で、すべてマークシート方式。【5】~【7】では比較的読む語数が多く、60分で全問を解くには設問ごとの時間配分を考慮する必要がある。名古屋学芸大学の過去問で設問パターンに慣れ、【4】の語句整序問題は慎重に解答しつつ、【1】~【3】および【5】を正確にかつスピーディーに解答し、長文問題に十分な時間を残す練習をしておこう。長文問題にどれだけ時間がかけられるかで勝負が決まる。【1】~【3】を12分以内で、【4】を5分程度で解けるよう練習を重ねよう。【5】は6分が解答時間の目安。【6】は10分以内で解く練習をしておこう。【7】は20~25分が解答時間の目安と思われる。

2019年度入試対策・学習アドバイス

発音問題の対策をしよう

2017年度は2問だった発音問題の数が増え、2018年度には4問になったことを注目すると、今後、発音問題は定着していきそうだ。普段から、単語を正確に発音して覚えると同時に、センター試験の過去問を利用して発音問題に慣れておこう。

文法・熟語・構文は全項目を

語彙(ごい)・熟語問題および、文法・語法

問題は基本的な設問ではあるが、熟語・文法ともに全分野にわたっている。熟語については熟語集を1冊しっかりと頭に入れておきたい。文法・構文問題集も同じ問題を最低3回は演習するなどして、1冊を丁寧にこなし、名詞・代名詞の語法、形容詞・副詞の語法、前置詞なども、しっかりと習得しておくべきだろう。語句整序問題は比較的難しいが、配点が高いので全問正解を目標にしたい。まずは動詞を中心に文構造を押さえ、句や節の構造を正確に組み立てる必要がある。不定詞、動名詞、分詞、接続詞、関係詞、前置詞、比較の構文といった項目をしっかり練習しておこう。名古屋学芸大学では、語句整序問題でも熟語の知識が求められる設問が多く見られるので、ここでもやはりどれだけ多くの熟語を知っているかが鍵となる。語句整序問題集を活用し、普段から、記号ではなく、全文を英語で書き、解答文を音読しよう。

会話の流れをつかもう

会話文完成問題は会話の状況を把握し、流れを理解して会話を完成しなければならない。会話文完成問題集やセンター試験で出題される会話文問題をたくさん解き、学習するのが効果的だろう。

長文の内容把握を心がけよう

【6】の中文空所補充問題は様々な品詞の語彙(ごい)・用法を文章で問う問題で、文法と語法、および語彙(ごい)力と熟語力の強化が必要。【7】の長文内容把握問題は英問英答で、内容一致問題が出題されるので、パラフレーズ(言い換え表現)に注意しながらキーワードを押さえ、設問の対応箇所を特定し、正確に答えを導き出す練習が大切である。名古屋学芸大学の過去問やセンター試験の長文内容把握問題などで長文読解に慣れておこう。長文のメインテーマを問う問題が出題されることが多いので、文章全体のテーマを把握する練習も必要。