河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

生物

2018年度入試の問題分析

2月6日、2月7日、2月8日実施の入試ともに、大問は5題からなる。解答は選択型のマークシート方式である。教科書の基本的な内容を問うものが多いが、計算問題や考察問題も出題されており、センター試験に比べるとやや難しい。解答する問題の数は2月6日が37個、2月7日が40個、2月8日が40個でありセンター試験よりやや多い。

2月6日実施

【1】血糖調節、【2】血球、酸素解離曲線、【3】酵素、【4】遺伝情報と発現、【5】植生の遷移

2月7日実施

【1】免疫、【2】内分泌系と自律神経系、【3】細胞周期、【4】細胞小器官、ミクロメーター、【5】生態系

2月8日実施

【1】腎臓と肝臓の機能、【2】血液の循環・免疫、【3】光-光合成曲線、【4】遺伝子、【5】世界のバイオーム

2019年度入試対策・学習アドバイス

全分野からまんべんなく出題されている

生物基礎の全分野からまんべんなく出題されており、3日間の日程で生物基礎の大半の内容が出題されている。知識問題、計算問題、考察問題とバランスよく出題されており、学習の成果が的確に評価されると思われる。

「答えをひとつ選ぶ」形式の問題ばかりではない

2018年度の入試では、「正しいもの」や「誤っているもの」が何個あるのかを選ぶ形式の問題が出題されており、一つひとつの事柄について、的確な知識が必要となる。選択型の問題を解くときには、誤りの部分を正しく直すようにしてほしい。

用語だけでなく数値も覚えよう

血糖濃度、細胞の大きさ、各血球の数、ネフロンの数、肝小葉や肝小葉を構成する肝細胞数、染色体数や遺伝子の数などヒトに関する様々な数値が毎年出題されている。一度に覚えるのは大変であるが、教科書を読んだときや問題を解いたときに出てきた数値は少しずつ整理しておくとよい。

計算問題も出題される

2018年度は、酸素解離曲線に関する問題、DNAに含まれる塩基の割合を求める問題、細胞周期に関する問題、ミクロメーターに関する問題、腎臓での尿生成に関する問題、光-光合成曲線に関する問題、ヒトの染色体あたりの遺伝子の平均数や大腸菌のゲノムに含まれる遺伝子数を求める問題などが出題された。グラフの読み取りをもとに計算をするものや、知識がないと計算できないものもあるので注意してほしい。

グラフの読み取りや考察問題も出題される

光の強さと光合成速度の関係を示したグラフ、酸素解離曲線、細胞分裂を行っている細胞の集団について、DNA量ごとの細胞数を示したグラフなどが出題されている。また、酵素反応、心臓、免疫などの分野の考察問題が出題された。いずれも、実験結果を知識と結びつけて考察するものであり、標準的なものである。

対策

まずは、教科書の内容を十分に理解したうえで、普段使用している教科書傍用の問題集を用いて、確実な知識をつける。その後、計算問題や考察型の問題に取り組む。これらの問題はただやり方や答えを覚えるのではなく、どのように考え、どのように解くのかを理解することが重要である。また、模擬試験の復習時には、正誤に関わらず解説を熟読し、知識が抜けているところがないかを確認してほしい。一通りの学習ができたら、過去の入試問題を解き、同じ分野の問題を再度、教科書傍用の問題集で演習しておくとよい。