河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

数学I・A

2018年度入試の問題分析

出題形式は大問が4題で、解答形式はいずれの問題も解答欄に答えのみを記入する空所補充形式である。大問Iは小問集合で2問出題された。内容は「2次方程式の重解を求める条件と重解を求める問題、ある実数を四捨五入したとき3.2になるような実数の範囲を求める問題」であった。大問IIは小問3問からなり、内容は「放物線を対称移動する問題、2つの放物線の共有点を求める問題、放物線と直線が接する問題」であった。大問IIIは小問3問からなり、内容は「辺の長さを求める問題、台形の面積を求める問題」であった。大問IVは小問3問からなり、内容は「3個のサイコロを同時に振り、出た目を大きい順に並べ替えたときの3数の関係について、確率を求める問題」であった。2017年度まで大問5題が出題されていたが、2018年度は大問4題の出題であった。

問題の難易度は基本~標準レベルまでのものがほとんどであるが、具体的に数え上げる問題などもあり、思考力を試す問題も出題されている。

2019年度入試対策・学習アドバイス

典型問題を解けるようにしよう

まずは、教科書をしっかりと理解し、教科書傍用問題集を解いて基本事項の定着を図ろう。わからないところがあれば、先生などに質問して疑問点を解決しておこう。

その後、教科書にある章末問題などを利用して、きちんと基本事項が身についているかを確認するとよいだろう。時間に余裕があるならば、入試標準レベルの問題集を1冊解いて、さらなる問題演習を積んでおくとよい。

また、聖隷クリストファー大学の入試問題は数学I・Aのほぼすべての分野から出題されているため、苦手な分野があると大問1題すべて解けないことも出てきてしまう。苦手な分野がある人は、十分な時間を取り、まんべんなく数学の力をつけておこう。

2018年度はデータの分析が出題されなかったが、例年出題されていたので注意が必要である。

問題を解くときには紙やノートなどにきちんと解答を書こう。そうすることで間違えたところに気づきやすくなる。間違えた問題はどこで間違えたかをきちんと確認して、同じ間違いをしないようにしよう。

過去問を解いておこう

典型問題が解けるようになったら、聖隷クリストファー大学の過去問を解いてみよう。まったく同じ問題は出題されていないが、同じ分野の問題や類題は何度も出題されている。過去問を解くことで、聖隷クリストファー大学の出題傾向や難易度に慣れることができるので、受験する前に必ず過去問を解いておこう。特に聖隷クリストファー大学では、2次関数、三角比、確率がよく出題されている。また、数学Aの出題範囲は、場合の数と確率、整数の性質となっており、図形の性質は出題範囲となっていないので気をつけよう。

計算力をつけよう

答えのみを記入する解答形式であるから、考え方が正しくても計算ミスなどのケアレスミスをしてしまうと、得点につながらない。また、聖隷クリストファー大学の問題は計算が複雑になることがあるので、日頃から計算ミスをしないように意識しよう。例えば問題を解くときに、楽に計算ができないか、工夫して計算できないかを考えてみるとよい。

複雑な値が出てきたときは、すぐに答えを見るのではなく、最後まで問題を解き切ってみよう。それだけでも計算力を鍛える練習になる。ただし、答え合わせを忘れないこと。