河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

東洋英和女学院大学の「一般入学試験」国語問題は、現代文の長文読解問題と語彙(ごい)問題などの大問二題と、古文の大問の合計三題。読解問題は、2006年度以降5,000字ほどの長文の評論文が出題され、2013年に3,500字に減少したが、2015年度は5,800字、2016年度は5,600字。2017年度はやや少ない4,800字ほどだったが、2018年度は6,000字になった。長文が出題される傾向に変わりはない。文章の内容は、2015年度は國分功一郎の消費社会論など一般的な内容だった が、2016年度はボールゲームのフェアプレーを論じた難解なものになり、2017年度も言語哲学に関わるやや難解なものだった。2018年度はメタファー(隠喩)について「時間」と「とき」の違いを論じたもの(瀬戸賢一『メタファー思考』)で、2016・2017年度に比べるとやや易化したが、毎年やや難しい社会論、文化論、言語論などが出題されている。設問は、空欄補充・傍線部説明・内容一致などだが、2016年度には小見出しを選ぶ問題も出題されている。大問二の語彙(ごい)問題は2013・2014年度には漢字問題がなくなっていたが、2015年度は8問出され,2016年度は3問、2017年度は10問とやや増加し、2018年度は漢字10問に加えて例文の漢字の誤りを指摘するものが5問出題され、漢字問題は増加傾向にある。解答はすべてマークシート方式。解答時間は60分。

2019年度入試対策・学習アドバイス

漢字の力をつけよう

漢字や慣用句の問題が頻出し、読解問題の空欄補充問題も、接続語などを入れるだけではなく、漢字の単語や慣用句を入れるものも出題されているので、四字熟語も含めた漢字学習にまず重点を置きたい。ただし、漢字問題集などで読み方や字形をただ覚えるだけでは、あまり効果がない。漢和辞典を使って、漢字一字一字の意味をしっかりと覚え、その漢字が使用されているのほかの熟語や類義語、対義語なども加えて、漢字の意味を例文とともにノートに整理していこう。紛らわしい漢字・慣用句・故事成語・四字熟語・ことわざなども、国語便覧などを使って覚えていこう。日本語の評論文の重要箇所には、漢字の熟語が使われることが多いので、漢字の力をつけることが読解力のアップにもつながるので、そこを意識して頑張ろう。

長文の評論文を読み、要約を書こう

5,000〜6,000字ほどの長文の評論文が出題されるので、その対策が必要。長い文章を収録している問題集は少ないので、日頃から興味のある分野や志望する学部に関連する内容の新書本などを読み、長文に慣れておこう。しかし、ただ読むだけでは読解力はつかない。文章の大まかな流れを読み取るために、読んだ新書本や新聞の論説などを要約してみよう。文章冒頭の数段落で何について(テーマ)述べているかをつかみ、そのテーマに関連するキーワード、キーセンテンスをノートに書き出す。文章のなかでそれらがどのように対比され、言い換えられているかを整理して、文章全体の流れ=論理構造が明確になるように適切な接続語も入れて、要約できるとよい。小見出しを選ぶ問題もあるので、タイトルもつけてみよう。

文法や敬語も理解しておこう

敬語の正しい使い方や主語述語の関係、慣用句の用法なども出題されたこともあるので、文法の教科書や国語便覧などを使い、整理しておこう。