河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

2017年度入試の問題分析

試験時間60分で大問2題を解く。解答はすべてマークシート方式である。桐蔭横浜大学の入試問題は文章の長さに特徴がある。日程によって問題は異なるが、2017年度はいずれも第1問が6,000字前後、第2問が5,000字前後だった。2題を合計した長さは2016年度とほぼ変わらない。問題数は第1問が6問、第2問が6~10問。問題文は近代以降の文章に限られるが、その内容は科学、歴史、社会、芸術など多岐にわたっている。また、文章のスタイルもやや抽象的な評論から身近な経験に題材を得た随筆までバラエティに富む。2017年度はすべての日程で第2問に学問、教育に関わる評論が出題された。設問形式は漢字、語句の意味といった知識を問う問題のほか、空欄補充、傍線部内容説明、本文趣旨判定などからなるオーソドックスなものである。難易度は全体として標準~やや易。なお、2017年度は1問もなかったが、例年文学史からも出題される。2016年度は上代の文学作品名を答える問題が出された。問題文は近代以降のものであるが、知識に関しては近代より前の時代のものも問われることに注意しておきたい。

2018年度入試対策・学習アドバイス

知識を万全にしよう

漢字の読み取り、書き取り問題を落とさないようにしたい。なるべく早い時期に大学入試用の漢字問題集を1 冊用意し、入試本番まで繰り返そう。文字と読み方をただ覚えるだけでは入試問題への対応が難しい。実際の用例に即した形で身につけることが必要である。語句の知識についても同じことがいえる。現代文の用語集などで語彙(ごい)を補うことは重要だが、言葉が文のなかでどのように使われるかを常に確認すること。また、外来語の意味を答える問題は頻出なので重点的に学習しておきたい。総じて、知識に関しては入試直前になってから短時間で集中的に取り組むよりも、早いうちから毎日少しずつこなしていった方が着実に効率よく習得できる。

読解問題に取り組もう

桐蔭横浜大学の現代文では、長い文章を最後まで読み切る力が求められる。途中で文脈を見失うことは避けなければならない。ただ漠然と読むのではなく、重要な箇所に線を引く、対比や因果関係をチェックする、段落ごとの内容を簡単にメモするなど、文章の展開を確認しながら読み進める作業を繰り返そう。慣れてくれば自分にとって理解しやすい整理の仕方を確立できるはずだ。また、問題を解くことを意識しすぎると、空欄や傍線部など直接問いと関わる部分だけに注目しがちになる。しかし、筆者が文全体をどのように構成し、何を伝えようとしているのかを絶えず意識した方が個々の問題にも答えやすいはずだ。問題演習には、選択肢問題中心の問題集(基礎~標準レベルのもの)やセンター試験の過去問などを用いるとよい。空欄補充問題は空欄前後の関係をよく考える。傍線部内容説明問題は選択肢の文章をいくつかに区切り、問題文と突き合わせて詳細に検討しながら条件と合わないものを消していく。いずれもフィーリングで解くことをせず、必ず根拠に基づいた解答を出すようにしよう。答え合わせをするときには正解の根拠だけでなく、ほかの選択肢を不正解と判断した根拠まで含めて自分の読み方が正しかったか確認しよう。