河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

日本史

2018年度入試の問題分析

問題数は、大問6題、設問数は36問であった。出題形式の特徴として、①正誤判定の設問が全体の約4割と多い、②史料・地図・写真(絵画)などを使用した設問が出題されるという2点を挙げることができる。出題範囲は、古代から昭和戦後まで一通り出題された。そのうち、前近代からの出題が約6割で、近現代からの出題の割合が約4割であった。出題形式・範囲いずれもセンター試験と似ている。出題分野は、政治が全体の6割を占め、その他外交・経済・社会・文化と一通り出題された。受験生の多くが苦手としている文化史が全体の約2割を占めていたことに注意したい。センター試験と同様、特定の分野に偏らないように配慮されていた。問題の難易度もセンター試験と同程度であった。また、一部の日程では論述式の問題が出題された。

2019年度入試対策・学習アドバイス

出題形式に合わせた学習について

いつ頃の出来事であるのかを把握することを忘れないようにしたい(注意:西暦年代をいちいち覚えるということではない)。時期を意識することで歴史の展開に沿って頭のなかを整理することになり、年代の古い順に並べ替える設問に対応できるようになる。この並べ替える設問は、取り上げられている出来事が西暦何年のことなのかを覚えていなくても、大雑把な歴史の展開を思い浮かべることにより解答できるようになっている。さらに、正誤判定の設問において誤りのポイントとして多い、設問の時期と選択肢の時期のズレに気づくことができる。また、地図を使用した設問が出題されるから、歴史上の出来事の舞台、つまり、教科書などの説明に地名が出てきたら、地図で場所を確認することが必要である。さらに、写真を使用した設問に対応できるようにするには、学習した内容を印象づけるためにも教科書などに記載されている写真を日頃からよく見ておこう。各時代を代表する美術作品は見ただけで作品名や作者名を思い出せるようにしておきたい。一部の日程で出題された論述式の問題は、歴史の内容についての理解度を確認するものといえる。つまり、正誤判定問題と同じ意図から出題されたと見ることができる。歴史の内容を自分で説明できるかを意識しながら学習していこう。

教科書の内容のマスターが必須

正誤判定など様々な形式の問題が出題されているから、難しく感じるかもしれないが、出題内容のレベルは標準的で、教科書の本文の内容を理解し、覚えることで対応できる。また、長い期間にわたる問題が出題されることから、教科書をベースに原始から現代までを一通りマスターすることが合格点を取るために必要である。したがって、苦手な時代をつくらないようにしたい。また、分野については、年度によっては設問全体の約3割が文化史から出題されることがある。文化史の学習を後回しにせず、各時代の政治史などと並行して学習しよう。

問題に取り組もう

合格するためには、入試当日を想定し、自力で問題を解く必要がある。問題に取り組み、間違えることで自分の弱点が明確となり、その項目を勉強し直すことで弱点を克服できる。センター試験と形式・難易度が似ているから、センター試験の過去問やセンター対策の問題集に取り組むことを勧める。