河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

複数ある入試方式のうち、「前期スタンダード」入試の「国語」は試験時間が60分。現代文の大問が2題出題されている。解答はすべてマークセンス方式である(ただし、ほかの入試方式で受験する場合には、必ず自分自身で過去問を確認すること)。問題文の分量はおおむね3,500~4,000字前後で、政治的・社会的なテーマについて哲学的に考察した文章が出題されることが比較的多い。設問数は、大問1題につき12問。全般的な設問構成としては、漢字、語句の意味、文学史といった現代文の基礎知識を問う設問に加え、空欄補充、傍線部の内容や理由を問う設問、問題文全体の趣旨を問う設問などがバランスよく出題されている。問題文の量が比較的多く、設問数も多いが、1題を30分以内に解けばいいという時間枠なので、無理のない妥当な時間設定といえよう。全般的に見れば、一般的な私立大学入試の標準レベルの難易度である。

2019年度入試対策・学習アドバイス

社会的な話題にも慣れておこう

問題文で扱われているテーマは、様々な領域の専門的な話題である。こうした文章を読解するために、まずは大学入試の現代文に頻出する〝評論用語〟をしっかり自分のものにしておくことが必要だ。そのためには現代文の重要語集などを活用し、効率よく語彙(ごい)力を高めておきたい。また、過去には様々なジャンルの文章が出題されてきた。したがって、できるだけ多様な文章に触れておくことも大切だ。

現代文の基礎知識を充実させよう

漢字や語句の意味など、例年、現代文の基礎的な知識を問う設問が出題されている。語句の意味を問う設問では、日常的な慣用表現の意味も問われている。したがって、頻出漢字問題集などを利用するだけでなく、普段の生活のなかでも、ふと気になった表現について、こまめに辞書で確認しておくようにしたい。こうした基礎的な知識を確実なものにしておくことは、当然のことながら本文読解のためにも、大きな力になる。また、過去には文学史も出題されているため、教科書の巻末などで紹介されるような、主要な作家・作品くらいは一通り覚えておこう。

標準レベルの問題集に取り組もう

産業能率大学の「現代文」は、問題文が比較的長く、しかもかなり学問的で硬質なテーマの文章である場合が多い。したがって、基礎・基本レベルの問題を解くだけではやや心もとない。したがって、大学受験生向けの標準レベルの問題を中心に、やや難しい問題にも積極的にチャレンジするといいだろう。ただし、設問の難易度は決して難解ではなく、私立大学入試の標準的なレベルのものばかりなので、本文の文脈をしっかりと踏まえた正攻法の解き方を身につけておけば、十分に対応できるはずだ。問題集の問題を解く際には、本番の試験時間に合わせて1題を30分以内に解き終える訓練をしておくようにしよう。ただし、解いてすぐに採点して終わりというやり方ではなく、答え合わせの前にもう一度改めて本文を読み直し、自分の出した答えを再チェックしたうえで解説を読むようにしよう。そして、設問や傍線部で着目すべき点は何か。また、当然のことながら、本文中の根拠となる箇所をどのように見つけ出せばよかったのかを、しっかりと確認するようにしたい。