河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

2017年度入試の問題分析

解答形式はすべてマークセンス式である。日程ごとに大問数や設問形式が異なるので、なるべく多くの過去問を入手して出題形式を把握する必要があるだろう。出題内容は語義選択問題、文法に関する空所補充問題、語句整序・文整序問題、会話文問題、読解総合問題など多岐にわたる。文整序問題など受験生にとって取り組みにくい設問形式もあるが、多くの問題が基本的な語彙(ごい)や文法知識を問うものであり、きちんと学習していれば高得点が取れる。また、読解問題の題材は、受験生にとって身近で読みやすいテーマのものが出題されており、2017年度は「アメリカでのサッカー人気の変遷」についての文章などが出題された。文字数は600words程度。試験時間60分に対して問題量が多いので、素早く設問を解いていく必要はあるが、全体を通して取り組みやすく、基本に忠実な入試問題である。

2018年度入試対策・学習アドバイス

関東学院大学の入試問題で合格点を取るためには、基礎・標準レベルの問題を確実に解ける英語力が必要である。そのため、基本的な語彙(ごい)の習得や英文法の知識の定着といった基礎力を大切にした学習を心がけよう。学校や予備校の授業に意欲的に取り組み、予習→授業→復習のサイクルを通して英語力を養うのが効率がよいだろう。直前期になると、焦りが原因で学習が煩雑になる受験生が多くなるが、1問1問を大切に最後まで丁寧な学習を続けたい。次に、設問別の学習ポイントを紹介するので参考にしてほしい。

基本に忠実な読解対策を!

読解総合問題においては、1文1文を正確に解釈する能力や段落ごとの内容を正確につかむ能力が必要となる。基礎レベルの500〜600words程度の文章で時間を計って問題演習をするとよいだろう。もちろん演習後は丁寧に英文を復習しよう。その際に、選択肢も正確に理解できるかチェックするとよい。長文が読めても選択肢が読めなければ、正答できないことを忘れてはいけない。また、習得した知識を定着させるために、同じ文章を何度も繰り返し復習することが大切である。反復学習の手段のひとつとして音読が有効だろう。直前期は焦りが原因で、いい加減に勉強しがちになる受験生が多いが、一つひとつの文章を大切に学習することで英語力は向上する。過去問以外の長文対策として、センター試験の第6問や英検の準2級・2級の長文を利用してもよいだろう。

語彙(ごい)、文法・語法対策、語句整序は基本を大切に

語彙(ごい)や文法に関する設問の割合が大きいため、学校の教科書や市販されている参考書を何度も何度も繰り返し学習することで知識を定着させたい。あれこれといろいろな教材に手を出すのではなく、網羅性の高い文法問題集を試験直前まで繰り返して、苦手分野を残さないように学習することが大切である。

文整序対策はセンター試験を利用しよう

文整序問題は、出題されている大学が少なく対策が不十分なまま受験する学生が多いと思われる。闇雲に意味で考えるよりも、冠詞や時制、文章の論理関係を示す言葉など文法的な事柄に注目して、問題を解くと比較的短い時間で解答できることが多い。2006年度以前のセンター試験の第3問に類題が出題されている。積極的に利用することで問題形式に慣れるとよいだろう。