河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

物理

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2017年度入試の問題分析

一般入学試験について述べる。

例年どおり、大問3題の出題である。第1問は、マークシート方式の小問集合で、力学3問、電磁気2問、熱2問、波動3問の計10問。うち9問は数値計算であるが、数値は計算しやすい値に設定されており、煩雑な計算はない。基本公式で解ける素直な設問であるが、2つの公式を組み合わせて解く設問(例えば、熱力学第1法則と気体の仕事)もあり、柔軟な応用力も必要だ。難易度は易で、基礎知識と正確な計算力があれば高得点が狙える。 第2問は2016年度に引き続き、力学の頻出典型問題で、2物体の運動がテーマである。難易度はやや易。力のつりあい、摩擦、運動方程式、等加速度直線運動を扱う。 第3問は電気分野の出題で、コンデンサーおよび非直線抵抗(電球)の直流回路の頻出問題である。素直な設定なので、難易度はやや易。

2018年度入試対策・学習アドバイス

書いて理解する

特に第1問の小問集合は、短い文のなかに様々な物理量が登場している。これらの量を組み合わせて答えを出すには、どういう法則・公式を使えばいいのかが思い浮かばねばならない。単に公式の丸暗記だけでは、必要な式は出てこない。普段の勉強の際、図や式を丁寧に書く習慣を身につけること。力学であれば、物体の運動の様子を想像しながら、力のベクトル図などを描いて考えを進めていけばよい。物理用語や公式・法則を図も入れてカードにまとめておくのもよいだろう。

また、第1問では一部を除き、図が与えられていないため、文章のみから、問題の状況をつかみ取ることも要求される。自分で図を描き、そこに物理量を書き込んで計算式を立てていこう。

基本テキストを繰り返す

第2問、第3問は頻出の標準問題なので、典型問題をしっかり学習しておくこと。定評のある問題集などを反復練習しよう。後で見直せるように、ノートにきちんと書いていこう。また、教科書などを参照しながら、その問題で使った法則や公式をノートに記入しておくのもよい。あとで見直せば、解法が整理できる。さらに、法則や公式が成り立つ条件も忘れないようにしよう。例えば、加速度が一定でないのに、等加速度直線運動の式を使ってしまうとか、振動は何でも単振動と思ってしまう誤りなどが往々にして見受けられる。

正確な文字・数値計算をするためにも、文字をしっかり書くように心がけよう。自分で書いた文字を読み違えて、計算を誤る例もよくある。

もし特に苦手な分野があったら、その項目の問題は繰り返して取り組もう。焦らずに、易しい問題から始めることだ。例えば、熱力学であれば、状態方程式や熱力学第一法則の式に数値を代入するだけの簡単なものから始めてもよい。そうすれば、気体の仕事や内部エネルギーなどの概念に慣れてくる。電場や磁場もやや抽象的でイメージが描きにくいが、繰り返し図や式を書いて慣れていけば、使いこなせるようになる。初めから全部を理解しないと駄目なんだとは思わずに、どうしてもわからないところは、しばらく置いておき、先に進むのがよい。2度目、3度目に学習するときには、わかってくることが多い。

学習を積み重ねて継続の効果を出そう。