2013~2017年度に開設した新しい学部について紹介しています。学べる内容、卒業後の進路、注目ポイント等を掲載しています。

注目の2013~2017年度開設学部学科情報

看護学部 看護学科

工学部 臨床工学科

<入試問い合わせ先>
〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030 企画入学課
TEL
046-291-3002
FAX
046-291-3003
E-mail
kikaku@kait.jp
URL
http://www.kait.jp

看護医療棟

工学系・情報系に加え、生命系を充実させて実践的な教育を行う

何が学べるの?

工科系総合大学の強みを生かしICTを使いこなす医療人をめざす
医療現場においても、ICT(情報通信技術)は必要不可欠な知識となっている。情報学部を設置している同大学で学ぶことで、高度化するICTにも、より効果的に対応することが可能だ。
看護学科では、地域における在宅医療と災害医療の観点から、地域の医療体制の整備と充実に主体的に取り組むことのできる人材の育成をめざす。在宅で必要となる機器の知識と理解を深めるため、「看護のための人間工学」「医療機器と在宅技術」などの科目を設置。「災害看護学」「災害看護活動論」などの科目とともに、地域の災害対応訓練にも参加するなど、実践的な教育を行う。
臨床工学科では、医療機器を扱う技術者として、電気・電子工学、機械工学、情報工学などの工学的基礎と、人体の構造や機能などの医学的基礎を学び、それらを統合して活用する能力を身につける。安全確保や作業設計、組織づくりにおいて必要な人間工学的なものの見方や問題解決ができる能力を養う。

卒業後の進路は?

病院、保健所、医療機器メーカー
様々な医療分野で活躍が期待される

看護師が継続的に不足することが予測されている神奈川県。看護学科の設置は県内地域の病院からも期待されている。病院や老人保健施設などで、高齢化社会に対応できる看護師として従事する。
医療技術の進歩に伴い、臨床工学技士の活躍の場はさらに拡大すると予測される。医療施設では、人工呼吸器や人工心肺装置など生命維持管理装置を操作し、医療機器メーカーでは開発や研究に取り組む。

  • 取得可能な資格
    ◇看護学科 看護師、保健師(ともに国家試験受験資格)、養護教諭2種免許
    ◇臨床工学科 臨床工学技士(国家試験受験資格)、医療情報技師、第1種ME技術者、第2種ME技術者
  • 主な進路
    ◇看護学科 病院、診療所、訪問看護ステーション、保健所、企業での従業員に対する健康管理保健指導など
    ◇臨床工学科 総合病院や大学病院などの医療機関、医療機器メーカー、医療機器を研究開発する研究機関など

CAMPUS INFORMATION

  • 充実した実習施設
    看護医療棟を新設。関連施設として看護学科は4つの実習室を、臨床工学科は、臨床工学実習室を設置。

注目ポイントはココ!

授業料を給費するスカラシップ制度
一般A日程、センター方式A・B・C日程入試の成績優秀者は、年間授業料のうち50万円が給費されるスカラシップの対象者となる。学年ごとに所定の成績基準を満たせば、4年間給費を受けられる。


入試情報の詳細については募集要項等を必ず確認してください。