河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

2017年度入試の問題分析

大問数は5題で、長文読解2題、会話、文法、中文空所補充各1題という構成になっている。読解問題の英文が長いという点を除けば、全般的に標準的な難易度で良問ぞろいである。読解問題の本文の語数は、大問Iが約1,100語、大問IIが約800語である。2題とも選択問題で設問は同一形式。下線が引かれた語の意味を問うものが大問Iは4問、大問IIは3問。本文の内容に合うものを選ぶものが大問Iは6問、大問IIは7問となっている。会話問題は5問で4択のなかから会話の流れに沿った語句を選択させる問題である。文法問題は10問で文中に欠けている1語を選択するタイプ。中文問題は約250語の英文からなる四肢選択の空所補充( 7ヵ所)形式である。長文読解問題は難易度、設問形式などほぼ2016年度と同じだが、長文読解問題以外では大きな変化があった。2016年度なくなった文法・語法問題が復活し、語彙(ごい)問題がなくなった。

2018年度入試対策・学習アドバイス

速読力を身につけよう

読解問題は配点のウエイトが高いが、英文そのものは標準レベルで、特に難解な構文の読解力を求められているわけではない。しかし、大問I、IIを合わせると2,000語近い英文になるので、かなりの速読力が要求される。ただ、速読力といっても入試の場合、英文そのものを速く読むということと、問題の処理速度を上げるという2つのことが問題になる。前者に関していえば、高校1・2年で用いた教科書を徹底的に復習して基本となる読解力と語彙(ごい)力を身につけた後に、標準的な長文読解問題集、立教大学の志望学部だけでなく、その他の学部の過去問も使って応用力をつけるとよい。その際、内容把握に重点を置こう。設問が解ければよしとする勉強方法ではなかなか読解力はつかない。また、解いた英文は繰り返し復習すると読解力と語彙(ごい)力の向上につながる。次に、問題の処理速度を上げるという点であるが、立教大学の場合、読解問題の設問の大半は内容一致問題か、本文中の難度の高い語の意味を問う問題なので、それに対処する方法を普段から身につけておくことが学習の目標になる。前者に関していえば、各段落ごとにその内容を把握したうえで、それに該当する設問に解答していくという習慣を身につけたい。後者は、単なる語彙(ごい)の問題ではなく、文脈からその意味を推測する問題であるが、選択肢があるので、問われている単語の代わりに各選択肢の単語を代入すれば比較的簡単に解答が得られるはずである。選択肢の単語はほぼ必修語なので、日頃の英語学習で語彙(ごい)力を増やす努力をしておこう。

基本的な文法を確実に身につけよう

会話問題は、会話の定型表現を問うものではなく、文の流れを問う問題なので、英語の総合的な力をつければ解答できるため、特別な対策は必要ないであろう。文法問題は標準的な問題形式ではないが、英文をきちんと読む習慣がある人にとってはそれほど解きにくい問題ではないだろう。文法の基本を身につけ、日頃から文構造や単語の文中での使われ方に注意をしながら学習する習慣をつけておけば十分に対処できるだろう。中文空所補充問題は語彙(ごい)レベルも含め標準的なレベルで、主に読解力と文法力を問うているので、ここでも特別な対策は不要で、長文読解問題と文法語法問題の対策だけで十分に対処できる。