河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

例年どおり、明治学院大学の「国語」試験は、大問2題(現代文1題・古文〈あるいは近代文語文〉1題)と漢字の大問1題(漢字の読み書き10問)を解くという形式だった。漢字の問題は3分前後で終わらせることができるだろうから、残り時間で大問2題を解くことになる。比較的ゆとりのある試験時間といえるだろう。問題文はおおむね2,000〜3,000字前後で、近年の私立大学入試の一般的な問題文よりもやや少ない字数だといえるだろう。2018年度もまた、問題文として出題された文章には文学的な随筆が多い。硬質な評論文よりも文学者によって書かれた文章がよく出題されるという明治学院大学の出題傾向が踏襲されている。2018年度は古文として樋口一葉の『たけくらべ』も出題されている。全般的に見ると、問題文の難易度は私立大学入試の標準的なレベルである。設問数はおおむね8問で、空欄補充問題と傍線部の内容・理由説明の問題を中心とした出題である。また、短い字数の記述問題や本文からの抜き出し問題も出題される。他大学の入試問題と比べて、空欄補充問題の比率がやや高いという特徴がある。

2019年度入試対策・学習アドバイス

漢字を得点源にしよう

例年漢字だけの独立した大問を出題している(書き取りが8問・読みが2問)。漢字の問題としては平易なものなので、基礎的な漢字の知識をしっかりと身につけ、確実な得点源にしておくことが必要である。こうした基礎知識を問う問題での失点を最小限にすることが、合格への近道であることはいうまでもないだろう。問題集などを利用して、漢字の知識を充実させておくようにしたい。その際、漢字の読み書きだけでなく、意味もしっかり覚えるようにしよう。そうした言葉の知識は、短い字数で書く記述問題にも必要になる。普段からこうした知識の拡充をおこたらないようにしよう。

問題集(標準レベル)を利用しよう

試験時間には比較的ゆとりがある。したがって、標準レベルの私立大学向け問題集を利用して、じっくりと考え確実に正解する練習をしておこう。ただ、市販の問題集にある記述問題は、おおむね40〜60字くらいの場合が多い。だが、明治学院大学の記述では、非常に短い字数で解答をまとめなければならない。短い字数の記述問題の練習をするためには、明治学院大学の過去問を利用するのが最も手っとり早い。自分の受ける学部学科にこだわらず、ほかの学部学科の過去問も積極的に利用しよう。また、市販の問題集などで、選択肢の字数が20字前後の設問を解く際に、正解を選ぶ前に自分で正解を書いてみるといった練習も、効果的な対策になるはずだ。また、空欄補充問題の出題が多いことから、本文の文脈に即して空欄を補う練習を十分にやっておこう。空欄補充問題に強くなることが、明治学院大学の入試を制するための鍵となる。問題集を使って勉強する際には、各設問ごとに本文中の根拠をしっかり確認しながら解答しよう。答え合わせの際には、不正解の選択肢の判断ポイントも確認するようにしたい。また、文学的随筆が多く出題されることに合わせ、語り手の心情や内面を表わす表現に注目しながら本文を読む訓練も有効である。心情把握の練習材料としては小説問題を解くことが有効であり、実際に小説問題が出題されるときもあるので、小説にも積極的に取り組むようにしよう。