河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2017年度入試の問題分析

全学部とも中心となっているのは長文読解問題で、長さは短いもので500語前後(農学部)、長いものでは1,000語(全学部統一、法・理工学部)を超えるが、中心となるのは700~800語である。いずれも論説文が主体で、テーマは現代社会に関わるものが中心。設問は選択問題が主体で、空所補充、下線部の意味内容、指示語の指す内容、整序英作文、内容一致などからなる。活用形や派生語・関連語を問う学部もある(理工・農学部)。発音アクセント問題が組み込まれることもある(農学部)。学部によっては記述式の問題も出題されている。特に理工学部は記述式解答の割合が高い。また会話文を出題する学部も多く(国際日本・情報コミュニケーション・経営・総合数理学部など)、会話文中に設けられた空所に語句を補充する形式が主体となる。読解問題以外では、文・国際日本・経営・農・総合数理学部などで、文法・語法の独立問題が出題された。また法学部では2016年度に引き続き、段落整序・補充問題が出題された。

2018年度入試対策・学習アドバイス

読解力を高めることを中心に

明治大学の入試問題は読解問題が中心である。英文の長さは700~800語程度の標準的な難易度の英文が主体で、問われていることは、英文中の細部に及ぶことが多い。語の意味をパラフレーズさせたり、類義表現を選択させたりする問題がよく出題される。また、文脈を読み取ったうえで、空欄に語句を補充させる問題も多い。指示語の内容を指摘させたり、論理関係を把握させたりする問題も出ている。こうした問題を確実に解いていくためには、普段の勉強で、全体を何となく読むというやり方をしていては駄目で、いわゆる精読が必要となる。S、V、O、Cといった文の要素と、それらにかかる修飾部分をつかみつつ構造を把握しながら読むという、的確で確実な読解が要求される。一つひとつの英文を曖昧なまま読み進めていくということがないように注意したい。これに加えて、英文全体の内容を段落ごとにきちんと理解していく必要もある。また、試験時間が短めなため、ある程度の速読力も必要となる。こうした力を養うためにも、学校や塾での、英語の授業に向けた予習や復習は必須である。さらに、こうしてじっくり読んだものは、意味を考えながら繰り返し音読することも忘れないようにしたい。音読を繰り返すことによって、英文を左から右にテンポよく理解する力を養うことができる。毎日取り組もう。

単語・熟語の力をつけよう

明治大学の入試問題には単語・熟語に関する問題も多く含まれる。早い段階で、高校生が学ぶべき基本単語・熟語は漏れなく習得しておきたい。特に動詞は文脈に応じて多様な用法があるので、疑問を持ったら辞書を引き、正確な理解を心がけてほしい。また熟語は、設問で直接問われることも多い。熟語集などを利用して、基本的な熟語が頭に入っているかどうか確認しておきたい。

他学部の過去問も

ある程度勉強の進んだ受験生は、過去問を解いておきたい。明治大学の入試問題は学部ごとの出題傾向はある程度一定しているが、問題パターンが変化することもよくあるので、自分の受ける学部の問題だけでなく、他学部の問題も解いておくとよいだろう。