河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

国語としては、文学部では現代文、古文、漢文各1題の計3題、経営・農学部は現代文、古文各1題の計2題、上記以外の学部や全学部統一入試では現代文2題と古文1題の計3題。加えて一部の学部では漢字問題も課される。試験時間は全日程とも60分。問題文は、現代文2題を課す日程・学部では1題が評論、もう1題が随筆か小説の場合が多いが、1題のみの場合は評論である。評論のジャンルは歴史、文学、文化、法、経済、社会、スポーツ、生命など多彩である。2018年度入試では、評論は近年の文章、随筆・小説を中心に古風な文章からの出題が目立った。問題文の分量は2,000字未満〜5,500字超まで様々だが、国際日本・政治経済・農学部で5,000字超とかなり長めの文章が出題されている。ただし現代文2題の日程では、1題あたり3,000〜4,000字前後と標準的な長さである。解答方式は、全学部統一入試のみ客観式、その他はすべて記述・客観併用型。設問内容としては、すべての日程・学部に共通するのが漢字の読み書きと傍線部の内容や理由の説明問題。また多くの日程・学部で空欄補充、抜き出し問題が出題されている。日程によっては語句の知識を問う問題、脱落文補充、本文の内容一致問題、文学史なども見られる。さらに、商・政治経済・経営・国際日本学部では30〜50字ほどの記述問題も出題される。

以上のように、明治大学入試では日程ごとに出題に明らかな特色があるので、自分の受験する日程の過去問を遡さかのぼって傾向を知っておくとかなり有益である。なお、法学部は従来の1題から2題に変わったが、100年ほど前に書かれた文章から出題される傾向は堅持している。抜き出し問題が多いのが特徴で、古めの文字資料を的確に読み取る技量を試す色彩が濃い。また、問題冊子の表紙に「点画をつなげた文字」を不正解とする旨の注記が、事例つきでなされているので、書き取りは丁寧に行いたい。全学部とも難易度は標準的なレベル。

2019年度入試対策・学習アドバイス

漢字や語句の対策を着実に進めよう

日程・学部によらず、漢字の読み書き問題は必ず出題される。ここでの失点は非常に痛いので、少しずつ練習を重ねていってほしい。また、語句の知識についても、評論頻出語句を集めた参考書に取り組むなどして克服しよう。

解答の根拠を的確につかむ読解が鍵

空欄補充、傍線部の内容説明の問題では、前後の文脈を的確に把握して、該当する語句や適した説明を特定することが、また、抜き出しや内容一致、記述などの問題では、本文の構成や展開を手がかりにしつつ、設問の要求を満たす語句や内容を的確に見つけ出すことが、それぞれ必要となる。つまり、細部の注意深い読みと全体の論旨を大きく捉える読みの双方が求められる。

総体としては標準的な問題演習を

前述のとおり、明治大学入試には学部・日程ごとに一定の傾向があるため、過去問をじっくり研究して傾向を把握し、自分にとって重点を置くべき課題を見極めながら対策を行うことが肝心である。練習に用いる問題集としては、客観式に加えて一部記述問題も含み、そのうえ解説が詳しい、標準〜やや難レベルのものを用い、解答の精度を上げる訓練をするのが合理的だ。解きっぱなしにせず、答え合わせ後に自らの解答過程を振り返り、読解や知識の不備を確認することにも努めよう。