河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

2017年度入試の問題分析

2016年度からは変化なし。大問は全部で5題。すべて選択式。出題内容は、文法・語法の空所補充問題、語句整序英作文、会話・野生動物に遭遇した際の注意に関する問題、長文読解問題(2題)となっている。文法・語法問題では、前置詞、接続詞、助動詞、代名詞、語彙(ごい)などの知識が問われている(7問)。語句整序英作文は、日本語の補助のもとに語句を並べ替える形式(3問)。文法的に正しい英文が書けるかどうかが問われている。会話・野生動物に遭遇した際の注意に関する問題は、2人の人物による短い会話の空所を埋める問題と、野生動物と遭遇した際の注意に関する文章の意図と内容を問うというもの。長文読解問題は、社会、文化などの分野を扱った400~500語程度の論説文が主体となっている。問われるのは、文章中における語句の意味や内容理解、空所補充、語の言い換え、段落や文章全体の内容一致などである。全体に読解力重視の標準的な難易度の問題となっているが、試験時間に比べて問題量が多めに設定されているので、時間配分に注意が必要。

2018年度入試対策・学習アドバイス

文法・構文・熟語

武蔵大学の文法・語法空所補充問題や整序英作文では、基礎的な文法の知識や、構文・熟語の知識が問われる。英文法は、広範囲にわたる事項が問われるが、基本的な事項をすべて理解していれば対応できる問題だ。問題集で一通り確認しておくことが望ましい。このような準備は、整序英作文でも役に立つはずだ。

日常の長文読解学習

武蔵大学の入試問題は読解問題の比率が比較的高い。設問は文法や語句の知識を問うものから内容一致問題に至るまで多様な形式からなる総合問題なので、日頃からしっかりと対策を立てなければならない。そのためにも、まずは学校や塾の授業を十分に活用したい。予習をする際には、いきなり辞書を引きながら読み進めるのではなく、初回は辞書なしで、全体の意味を大きく捉えながら読んでいくのがよい。意味のよくわからない語句があれば下線を引いておき、前後関係から品詞や文中での役割などを特定し、意味を推測しながら読んでいこう。設問が与えられている場合にも、わからなくてもすぐに辞書に頼ることはせず、自分なりの答えを出すようにしよう。そのようにして一度は英文を読み切り、設問に対しても自力で答えを出しておくことが大切だ。そのうえで再び英文に戻り、今度はわからない語句や表現を、辞書などを使って調べるようにするとよい。また、段落ごとに内容を整理して全体の流れを把握できるようにすることも大事だ。その際、文法的な裏付けをとりながら1文1文を正確に理解できることが必要になる。授業や解説書で疑問点が解決し、英文全体の内容が理解できたら、スラスラ読めるようになるまで音読を繰り返そう。そして過去問は必ず解いておきたい。過去問を解くことで、不足している知識を自覚したり、時間配分を考えたりできる。受験予定以外の学部の問題も解いておいた方がよい。始めのうちはじっくりと落ち着いて問題を解こう。時間配分が気になると思うが、しっかり解けるようになれば、時間内に解けるようになるのはそれほど難しいことではない。