河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

数学III・B

2017年度入試の問題分析

いずれの学部も出題形式はすべて記述式。理学部は数学I・A・II・B・IIIから4題、家政学部は数学I・A・II・Bから4題、人間社会学部は数学I・A・IIから3題の出題。次に、出題内容を確認していこう。理学部は、数学Aから「確率(1個のさいころを5回投げる)」、数学Bから「空間ベクトル(平面に垂直なベクトル、四面体の体積)」、数学IIIから「複素数平面(点の回転)」「積分(定積分で表された関数)」が出題された。次に、人間社会学部では、数学Aから「確率(条件付き確率)」、数学IIから「三角関数(最大値、最小値)」「微分、積分(接線の方程式、囲まれた図形の面積)」が出題。家政学部では、数学IIから「式と証明(整式の割り算)」「微分(3次関数の最大値)」「積分(円と放物線で囲まれた図形の面積)」、数学Bから「数列(正方形の個数と漸化式の応用)」が出題された。すべての学部において、入試問題として基礎~標準レベルの頻出パターンの問題が多く出題されるが、計算量がやや多い問題も出題された。2016年度と比較すると、理学部と家政学部は難度、計算量ともに変化はなかったが、人間社会学部は難度がやや下がり、計算量もやや減った。

2018年度入試対策・学習アドバイス

出題分野

出題分野理学部では、4題中2題以上が数学IIIからの出題である。内容は「極限」「関数の最大値、最小値」「定積分で表された関数」など微分・積分が中心の出題であり、入試問題としては難問ではなく内容的にも頻出のテーマである。また2017年度は「複素数平面」も出題された。理・家政学部では図形問題が出題されることが多いので、図形の性質、図形と計量、図形と方程式、ベクトルなどの内容をしっかり学習しておきたい。また、家政・人間社会学部では、問題に偏りがなく、様々な分野から出題されているので、まんべんなく学習しておこう。

標準問題をしっかりマスターしよう

すべての学部において、標準レベルの問題が多く出題されている。そこで、まず教科書の問題や例題で基本~標準問題をしっかりマスターしたうえで、章末問題や教科書傍用問題集などを用いて頻出パターンの反復練習をしておくとよいだろう。さらに、理・家政学部においては、難問ではないが、入試問題として標準レベル以上の問題が出題されることもあるので、市販の標準的な入試問題集などで、やや難度の高い問題にもチャレンジしておくと心強い。また、すべての学部で、計算量が多い問題が出題されることもあるので、計算力を身につけておくことも大切である。そのため、日頃から計算を省略せず最後まで解ききるようにしよう。さらに毎回計算ミスをしていないかどうかをチェックするなどして、日々の学習のなかで少しずつ鍛えていけばよい。

過去問研究

入試直前には、過去問演習をしておくと効果的である。これは、試験時間内で解くことで、各問題における時間配分の確認や、実際の日本女子大学の問題の雰囲気に慣れるうえで、大いに役立つ。また、全問記述式であるので、答案作成の練習をしておこう。数式の羅列や独りよがりの答案にならないように、可能ならば自分がつくった解答を身近な先生に見てもらい、添削してもらうとよいだろう。