大学情報CloseUp 日本大学生産工学部 環境安全工学科

幅広い工学分野を融合し、安全・安心で持続発展可能な社会をデザインする人を育成!
現代社会は、地球温暖化、環境汚染、食の安全、災害などさまざまな課題が顕在化しており、これらに対応した工学の視点が必要となっています。環境安全工学科は、地球環境・生活における環境負荷の低減や都市環境での安全の確保などを学び、幅広い視点から、多様な分野の「安全・安心」をデザインできるエキスパートを育成します。

環境安全工学科 3つのポイント

POINT 1 全世界的な課題に挑戦

環境やエネルギーの問題は、日本だけではなく地球全体で重要な問題であり、課題解決に向けての人材育成が求められています。科学技術をサステイナブル(持続可能)なものに転換する技術を修得し、社会と科学技術のより良い関係をつくり上げることができる人材を育成します。

POINT 2 新しい複合工学

現代の巨大化・複雑化した科学技術を理解するため、環境安全工学科では環境・安全・エネルギーに関する学問を幅広く学びます。そして獲得した知識と社会科学的な考え方を融合して持続可能な技術に結び付けるための洞察力と実践力を修得します。

POINT 3 幅広い活躍フィールド

卒業生は環境・安全・エネルギー分野を中心に、エネルギー関連企業、環境プラント関連企業、環境分析、化学メーカー、食品関連企業、自動車関連企業、一般製造業、建設会社、建設コンサルタント、商社、官公庁などで幅広く活躍しています。

環境・安全・エネルギーのテクノロジーを学ぶ 2つのコース

環境安全コース

モノづくりを担う科学・技術者にとって必要である、安全に関する法律を理解し、事故を未然に防止する知識と技術、事故後の安全を確保する知識と技術、有害排出物の抑制など環境に与える負荷を抑える知識と技術を修得します。卒業後の進路は、運輸、通信、建設関連企業をはじめ、メンテナンス関連、化学メーカー、環境分析企業など、今後さらに活躍の場が広がっています。

環境エネルギーコース

自然環境との調和を図り、なおかつ今以上の発展を維持するため、持続可能な新エネルギー獲得技術としての太陽光、風力、バイオマス、ヒートポンプ、クリーンコールテクノロジーなどの次世代エネルギー源に対する知識と理解を深めます。卒業後の進路は、ガス、エネルギー、自動車関連企業をはじめ、プラント関連、空調設備関連、IT企業など、多岐にわたる分野で活躍できます。

TOPICS

TOPIC.1 グローバル

世界を舞台に活躍する技術者を育てるプログラム!
英語を土台としたコミュニケーション能力を駆使し、学んだ専門知識を世界に発信し、安全をデザインするモノづくりをリードできる人材を育てるために、環境安全工学科では、世界で通用するプレゼンテーション能力や専門英語のスキルを培うことができる、学科独自の実技科目「インターナショナルコミュニケーションⅠ・Ⅱ」を設置しています。
また学科横断型のプログラム「Glo-BE(グローバル・ビジネスエンジニア人材育成プログラム)」は、「グローバル・ビジネスエンジニアリング」と「英語トレーニング/英語コミュニケーション演習」の2授業を通年実施。英語力の向上ばかりでなく、グローバルな視野も身につけられます。

TOPIC.2 資格取得

国家資格をはじめ、多様な資格への道が開ける
環境安全工学科は、さまざまな国家資格の指定学科に認定されています。各分野でプロフェッショナルとして活躍できる、多様な資格取得がめざせます。

施工管理技士の指定学科にも認定!

  • 取得できる資格

    教職(中学校理科1種、高等学校理科1種、高等学校工業1種)

  • 国家資格の指定学科(科目認定)に認定されている資格

    建築施工管理技士/造園施工管理技士/管工事施工管理技士/土木施工管理技士/電気工事施工管理技士/建設機械施工技士/危険物取扱者

  • めざす資格

    技術士/エネルギー管理士/環境計量士/一般計量士/環境アセスメント士/環境カウンセラー/公害防止管理者/土壌環境監理士/毒物劇物取扱責任者/作業環境測定士/廃棄物処理施設技術管理者/労働安全コンサルタント/ ほか