2013~2017年度に開設した新しい学部について紹介しています。学べる内容、卒業後の進路、注目ポイント等を掲載しています。

注目の2013~2017年度開設学部学科情報

2017年、システムデザイン工学部新設
工学部に新たな3学科を開設!

システムデザイン工学部
―情報システム工学科
―デザイン工学科
工学部
―電子システム工学科
―応用化学科
―先端機械工学科

<入試問い合わせ先>
〒120-8551 東京都足立区千住旭町5 入試センター
TEL
03-5284-5151
FAX
03-5284-5243
URL
http://www.dendai.ac.jp

2017年4月、東京千住キャンパスに
地上12階の新校舎完成予定

増設学部・学科・定員

定員 情報システム工学科130名、デザイン工学科110名、電子システム工学科90名、応用化学科80名、先端機械工学科100名

学部・学科増設の狙いは?

人と社会の未来を創造する技術者の育成

  • システムデザイン工学部
    情報システム工学、デザイン工学の知識と技術を基盤とし、それを他分野の知識・技術と統合・活用する能力を修得し、人間が快適で充実した生活を維持する「もの・システム・サービス」をデザインし実現する能力を養う。
  • 工学部 電子システム工学科
    スマートフォン、パソコンなど身近な製品の基礎となる電子・光・情報技術の基礎や全体像を学び、就業力を身につける。
  • 工学部 応用化学科
    環境を意識し「有機化学」「無機・分析化学」「物理化学」「化学工学」の4分野の学びを柱とし、持続可能な社会に貢献できる人材を育成する。
  • 工学部 先端機械工学科
    機械工学に加え、情報、コンピュータ、光学、医用工学など、先端工学を取り入れ、機械、計測、制御、精密工学などの基礎と先端技術を修得する。

何が学べるの?

変化する技術や専門以外の技術に適応した問題解決力を学ぶ

  • システムデザイン工学部
    情報システム工学科は、高度プログラミング、コンピュータ、ネットワーク、データサイエンスの専門知識と実践力を学ぶ。
    デザイン工学科では、人の感性や行動を理解したうえで、工学の知識と技術を基礎に設計段階からユーザ評価まで全体を対象とするデザイン力を学ぶ。
  • 工学部 電子システム工学科
    電磁気学、電気回路、電子回路などの基礎科目を修得し、理論に加え実験やワークショップで即戦力となる技術を学ぶ。
  • 工学部 応用化学科
    低学年から身の回りで起きる現象の調査やワークショップの科目を用意。生産技術を意識し、素材・材料開発の流れを学ぶ。
  • 工学部 先端機械工学科
    1年次のワークショップからものづくりの楽しさを感じながら基礎を修得。自動車工学、医用工学など現在の機械工学における先端分野も学ぶ。

卒業後の進路は?

製造業や情報通信業、家電、部品メーカーで活躍

  • システムデザイン工学部
    情報システム工学科は情報通信系、製造系、運輸・流通業系など、デザイン工学科は製造業、情報サービスなどに関係する企業などで能力を生かせる。
  • 工学部 電子システム工学科、応用化学科、先端機械工学科
    家電メーカー、部品メーカー、化学メーカー、医療・福祉機器メーカー、自動車関連会社などで能力を生かせる。

注目ポイントはココ!

東京・北千住駅東口(電大口)徒歩1分「東京千住キャンパス」
JR・私鉄合わせて5路線が乗り入れる東京・北千住駅東口(電大口)前に、2012年4月、新キャンパス「東京千住キャンパス」を開設。さらに、2017年4月に、地上12階、地下1階の新校舎が完成し、さらなる充実した環境を整えました。