河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

2017年度入試の問題分析

例年同様、現代文のみの出題。大問3題。ほとんどが文章読解の形式で、3題目のみ語句知識問題。出題文は評論文。環境、貨幣経済、日本人にとっての外国語、紙としての本の意義など、出題文ごとに内容は多岐にわたっている。出題形式も例年どおり。空欄補充、傍線部内容説明、漢字書き取り、慣用句の意味など。すべてマークシート方式。

2018年度入試対策・学習アドバイス

空欄補充問題では、空欄前後の意味のつながりに注意しよう

東京経済大学で出題される現代文は、大問1題中、半分近くが空欄補充問題である。空欄補充問題での得点が、合格の鍵を握っているといっても過言ではないだろう。よって、着実な得点力を身につけることを強く意識して、学習を積み重ねなければならない。空欄だけを見て選択肢に飛びつくのでは、ダメ。空欄箇所は、本文の全体構造にとって重要な部分であることが少なくないので、その空欄前後に注意して解答根拠を見つけるようにしよう。また、選択肢中の語句の意味理解を十分にしておくことも不可欠。理解が不十分な語句があったら、その場で辞書を引き、ただちに意味を確認するように。カード化などして記憶が定着しやすくする工夫もしよう。語句知識の充実は、読解作業のレベルを上げていく。「文章や設問のなかで語彙力を高める」という意識を忘れずに。

選択問題は、選択肢だけを見て答えを決めないように

多くの受験生は、真っ先に選択肢を見て、そのときどきのフィーリングだけで答えを決めてしまいがちだ。読解問題は、設問趣旨の把握と傍線部の分析に基づいて、本文中の答えにあたる内容をいかに求めていけるかが重要である。答えは本文のなかにある。だが、設問趣旨や傍線部の内容と関連づけなくては、正答にたどりつけない。本文読解力と同時に設問読解力もつけていこう。

いかなる文章にも対応できる幅広い読解力を身につけよう

評論文は、受験生にとって普段慣れ親しんでいないテーマを難解な表現で書かれているため、新聞や新書などで多くの文章に触れるようにするのはたしかに有効である。だが、一度問題で取り組んだ文章を繰り返し用いて読解力を高めることも効果的である。演習した問題のなかで、読みにくさを感じた本文を活用して、読み取りの練習をしてみよう。段落ごとの要旨を押さえつつ、頭のなかで全体の文脈を再構成する意識を持って、はじめはゆっくり、だんだん試験の現場を意識して素早く読み進める作業を、毎日続けてみよう。

過去問演習では、量と質のバランスを意識しよう

過去問によるトレーニングでは、解いた後の復習作業をより充実させたい。解き終わってから、自分がそれぞれの問題に対してどのようにして答えを出したのかを、簡単なメモ書きなどをして再現しておくと、復習の際に自分の読解作業のどの点が不十分で、どの点がきちんとできているかがより明確になり、次の問題演習での指針になるだろう。そうした演習と復習の繰り返しこそ、得点力の安定、そして向上につながる。量をこなすだけの演習にならないように。

語句知識問題はセンターレベルを目標にしよう

漢字問題も慣用句問題も、センター試験の過去問などを活用して実践力を養っていこう。