河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

日本史

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2017年度入試の問題分析

2017年度入試では、出題形式は大問が3題、設問総数が30問であった。大問数や設問総数は、例年どおりである。扱う時代は、第1問が原始・古代から中世、第2問が中世から近世、第3問が近現代となっており、これも例年どおり。扱う分野については、政治・外交・社会経済・文化史と各分野から出題されているが、政治・外交史からの出題がやや多い。解答形式はすべてマークシート方式でそのほとんどが文章正誤の判定問題である。毎年1問ないし2問、文章正誤でない問題が出題されるが、それ以外はすべて文章正誤問題であり、これが東京家政大学の問題の大きな特徴となっている。具体的には、各時代のできごとや事項について述べた4つの文のうちで、内容が正しいものまたは誤っているものをひとつ選択させるものであり、問題形式の難度は高い。できごとでは戦乱・戦争・貿易などが、事項では人物・著作物・地域などが項目として取り上げられている。難易度については、教科書を中心とした学習で、正誤判断が可能なレベルである。

2018年度入試対策・学習アドバイス

正誤問題対策が必須

前述したように、東京家政大学の日本史の問題は、ほぼすべてを文章正誤問題が占めるという極めて特徴的な入試問題形式であり、この形式の問題を攻略することが合格への必須条件となる。一般に、正誤問題は、歴史用語の単なる暗記だけでは対処できず、用語の内容に関する正しい理解が要求される。東京家政大学の日本史学習も、まさにその点を念頭に置いて進めていってほしい。一問一答用語問題集で単語を答える練習を積むという学習だけでは、正誤問題に対応することは難しい。問題を復習する際には用語集などを利用し、用語の内容を確認しながら学習を進めることが望ましい。また問題の難易度は、センター試験の正誤問題よりもやや仔細な内容を判断させるものも見られるが、ほぼ教科書に記載されている内容で判断できるものが多いので、教科書を使用した学習で対応できる。過去問などを利用してとにかく多くの問題を解き、解答に何が求められているかを知り、それをその後の学習に生かすことが重要である。東京家政大学では史料や図版を使用した問題は出題されていない。教科書に登場する基本的な歴史用語を中心に、その内容を確認しながら学習を進めていってほしい。

苦手とする時代をカバーする学習

東京家政大学の問題は、原始から現代(戦後)までの各時代・各分野からほぼ均等に出題されており、時代や分野に偏った学習は避けたい。多くの大学に見られるような、各大問がひとつのテーマで構成される、といった問題でもないため、苦手な時代・苦手な分野をつくらない、といった対策が必要である。この点はセンター試験と共通するものであり、文章正誤問題が多い点も含め、センター試験の正誤問題対策が東京家政大学対策としても有効だといえる。ただ、形式は文章正誤という非常に難度の高い形式であるが、問題の内容そのものは決して難問といえるものばかりではなく、基本的な時代、用語の概念を問う問題が多いため、とにかく「時代・分野に偏らない」学習を意識したい。全時代といっても戦後史だけは戦後すぐ、1950年代前半の吉田茂内閣くらいまでしか出題されていないため、これ以前の時代に注力するのが効率的といえるだろう。