河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

化学

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2017年度入試の問題分析

全日程とも大問数は4題で、大問のなかでさらに複数のパートに分かれた構成となっている。第1問と第2問は理論分野、第3問は理論・無機分野、第4問は主に有機分野からの出題となっている。理論分野は基本~標準レベル、無機分野は基本レベル、有機分野は基本レベルの問題が出題されている。

問題数を見ていくと、全体の50%以上が理論分野から出題されており、幅広い分野から出題で、分量の多い計算問題も含まれている。そのような問題にはまることのないよう、時間配分には十分に注意したい。

2018年度入試対策・学習アドバイス

理論分野は問題数が多く要注意!

理論分野の難易度は基本~標準レベルで構成されているが、やや問題数が多いので、時間配分は注意したい。出題比率が大きいのでこの分野の出来が合否を大きく左右する。教科書章末問題レベルの問題をしっかり得点につなげたい。教科書傍用の問題集で構わないので、しっかりと練習を積んでおきたい。特に、頻出分野の「反応式とその量的関係」「濃度計算」は力を入れて学習してほしい。

1つひとつの問題の計算量はそれほど大きくはないが、問題数が多いので、「取れるものをしっかりと得点する」と割り切った姿勢も重要である。

マーク式であり、計算ミスは致命傷になることもあるので、細心の注意を払うこと。

無機分野は基本レベルが中心!

無機分野は出題数が少なく、基本的な問題がほとんどなので、確実に得点したい。教科書に書かれている物質名とその性質、化学反応式はしっかり覚えておくこと。

教科書傍用の問題集の基本問題をしっかり練習していれば、十分対処できるはずである。

有機分野も基本レベルが中心!

有機分野の問題は全体的に基本的なものが多く、しっかりと学習している受験生には得点しやすい問題となっている。対策としては、教科書をよく読み、代表的な物質名とその性質や反応をしっかり覚えておくこと。教科書の章末問題ができるようにしておけば十分対応できる。問題集は、教科書傍用の問題集で十分。とにかく、早い段階から手をつけて、本番に間に合うような学習計画を立ててほしい。特に「油脂」は玉川大学では頻出分野であるが、苦手な受験生が多いので、手薄な状態で試験を迎えることのないよう、気をつけること。

過去問を解いておくこと

過去問は単元学習を一通り終えた段階で解くこと。過去問演習の意義は時間配分である。玉川大学の特徴は計算問題の数が多く、時間的にはやや厳しいことなので、実際の過去問を解くなかで、自分なりの解答順序などを決めて戦略を立ててほしい。

また、問題のレベルはセンター試験レベルであるので、積極的にマーク模試を受験するとよいであろう。マーク模試は出題形式はやや異なるが、要求される知識量や計算力は同等のものであるため、有効な対策になるはず。受験後は解答・解説をしっかり読んで、知識の習得と理解を深めるよう、きっちり復習してほしい。現役生であれば、高校の定期考査の解き直しも有効な対策となる。