河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

2017年度入試の問題分析

全学統一入学試験、学部別入学試験ともに大問4題から構成されており、すべて選択式の客観問題で、記述式のない私立大学に典型的な問題である。2017年度は、大問が2016年度の5題から4題に変更され、出題形式にも大幅な変更が見られる。2016年度出題された類義語・同義語選択問題、整序作文問題、会話問題は出題されていない。大問別の主だった特徴を述べると、【I】は標準的な文法・語法・語彙(ごい)(イディオム中心)問題(16問)となっている。in spite ofやdiscussのほか、prevent O from doingといった基本的なものから、bring O to lightやwith tears runningなどが出題されている。【II】は300words程度の長文総合問題(5問)で、適語空所補充問題や本文の内容を問う問題が出題されている。【III】は500words程度の長文総合問題(6問)で、適語空所補充問題や下線部の意味を問う問題や本文の内容を問う問題が出題されている。【IV】は600words程度の長文総合問題(6問)で、適語空所補充問題や下線部の意味を問う問題や本文の内容を問う問題が出題されている。長文総合問題に関しては、難易度は標準的だが、答えを出しにくい問題もいくつかあるので対策が必要である。

2018年度入試対策・学習アドバイス

玉川大学の入試問題で問われているのは、読解力、文法・語法の知識、語彙(ごい)力(単語・イディオム)のどれをとってみても基本的なものから標準的なものであるが、試験時間が60分ということを考慮に入れると、正確にかつ迅速に問題を解く訓練をする必要がある。また、2017年度より、長文総合問題が大幅に増加しているので英文読解の学習には意識的に取り組んでほしい。ぜひ取り組んでほしい学習法を以下に2点、学習のポイントとして挙げておく。

語彙(ごい)力(イディオム)の養成および文法・語法の知識の定着

特に力を入れてほしいのはイディオムと文法・語法の学習である。覚えるものが多く、暗記中心の学習になるが、重要なことは目で確認して終わりといった学習は避け、実際に何度も書いて確実に身につけることである。熟語帳に関しては入試でよく使用されるものを最低1 冊は習得することが望ましい。また、文法・語法の学習においては2 、3 冊の問題集を購入し、解答の根拠が説明できるようになるまで繰り返し学習してほしい。その際、同一の分野(例えば、関係詞)を2 、3 冊同時に解くとより効果的である。

英文読解の学習

すでに述べたが、2017年度より読解量が大幅に増加しているので、より多くの英文に触れる必要がある。その際、いたずらに長文の問題を解くだけでは力はつかないので、理解できない英文に関しては、文型をとったり、前後関係から意味を類推したりしながら本文のテーマや筆者の主張を理解するように心がけたい。また、各設問の選択肢に関しては本文同様正確に意味をつかんだうえで答えを選ぶ訓練をしてほしい。答え合わせをする際にも、なぜその答えになるのか、根拠を考えてみることも重要である。最後に、読むスピードを上げるために音読をすすめたい。音読といってもただ声に出して読むだけでは効果がないので、これまでに学習した長文のなかで骨のある長文を10題程度選び出し、構文と訳を確認したうえで10行1 分以内を目安として毎日音読の練習をするつもりで取り組んでほしい。